PR:

今野が出した×マーク ザック監督第2案と選手の提案が一致し決勝点に

<日本・オーストラリア>優勝カップを掲げ笑顔を見せるザッケローニ監督

アジア杯 決勝 日本1―0オーストラリア
(1月29日 カタール・ドーハ)
 勝利の裏には試合中の選手が下した大きな決断もあった。0―0の後半6分。「相手に主導権を握られ、チームが間延びしていた。エリア内に高さを加え、中盤を代える必要があった」と分析した指揮官は、岩政の投入を決断。ピッチの長友を呼び寄せて、岩政をセンターバックに入れ、今野を3ボランチの中央に配置する方針を選手間で共有するよう命じた。

 だが、岩政が第4審判に連れられピッチに入ろうと準備をした次の瞬間、今野が両手で×マークを出した。それを見た指揮官は岩政をいったんベンチに呼び戻し、コーチ陣と協議。同時に選手も試合を進めながら話し合いを持ち、遠藤が選手の総意として代替案をベンチに伝えた。

 これを了承した指揮官は後半11分、右MFの藤本に代わって岩政をセンターバックに入れ、今野を左サイドバックにスライド。さらに左サイドバックの長友を左MFに上げるフォーメーションに切り替えた。結果的にこのシステム変更が、長友→李と渡っての決勝点につながった。

 今野は試合後「3ボランチはやったことないし、(ケガで)ボランチは無理だった」と×印の理由を明かした。今まで試したことないシステムへの不安――。選手の意向を受け入れた指揮官は「今野は前半に左足を負傷していたし、中盤でプレーする状態にないということだった。もともと、4―2―3―1のシステムも替えずに長友を左MFに入れる解決策もあった」と振り返った。指揮官の持っていた第2案を選手が自主的に提案してきたことが、ザック流が浸透していることの証だった。

[ 2011年1月31日 07:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ