スポニチ大阪

イベント・催事2014年日程 近日開催予定のイベントスケジュール

日程 時間 イベント 詳細(来訪者など)
8月
9〜17日 11:00〜19:00 「第5回広島カープまつり」開催決定 大野豊さんトーク:11日14時〜
松前香帆さんライブ:8月16日14時〜
2014「広島カープ頑張れ特集号」販売
21日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ ユーストリーム生配信
28日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ ユーストリーム生配信
日程 時間 イベント 詳細(来訪者など)
9月
4日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ ユーストリーム生配信
6〜7日 11:00〜 女子野球ワールド杯イベント 詳細未定
11日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
12日 10:30〜 毎日新聞「特選農家の産直市場」 新鮮野菜・果物、卵、米、ベーコン等販売

※ スケジュールは急きょ、変更・追加の可能性があります。

【鰻谷通信コラ厶】カープファンの熱意にただただ感謝、感謝。

バックナンバー 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

「第5回広島カープまつり」でトークを展開する本紙評論家の大野豊さん(左)とカープ担当記者・江尾卓也編集委員

 南海洋上に発生した台風11号、12号が相次いで本土に襲来、各地に大きな被害をもたらしました。今回の台風、先に発生した11号をあとの12号が追い抜いて接近するという異例の進路をたどりました。12号→11号の進路に当たった沖縄、鹿児島、高知の各県では想像を絶する大雨が降りました。特に高知県では2日間で2000ミリを超えるどしゃ降りの雨。遊園地や学校のプールが2メートルの深さになるまで水が溜まることを考えると、その凄さが実感できます。本格的な台風シーズン9月を前に相次いで襲来する台風、やはり最近の気候はどこかおかしいと感じざるを得ません。昨年のような41度の酷暑も困りますが台風の大雨も厄介。過ごしやすい夏は今年も期待薄のようです。

 台風11号接近による悪天候にもかかわらず8月9日、今年も恒例の「広島カープまつり」が始まりました。第5回目となる今回は9日間のロングラン開催、スポニチプラザのスタッフも満を持して初日を迎えました。ところが台風の影響でイベント初日は朝からバケツをひっくり返したような雨。この雨では……。とお客さんの入りを心配していました。しかし朝8時プラザに到着した途端その心配も吹き飛びました。玄関前に到着すると傘の列、すでに30人ほどの行列ができていました。初日から売り出した選手直筆のサイン入り写真パネルはその日にほぼ完売、改めてカープファンの熱意に驚かされました。

 イベント3日目の8月11日は本紙評論家の大野豊さんが来館、カープ担当の江尾編集委員とともにトークを展開しました。11時からの入場整理券配布に6時から並ばれたファンをはじめ、会場は立錐の余地もないほどの超満員。トークの中で大野さんは「若い菊池や丸選手が台頭、定着し優勝を狙える力が付きつつある。1点差の試合を粘り強く勝っていくこと。優勝確率は5分5分の50% と力強く語りました。トークのあと大野さん直筆のサイン色紙が当たる抽選会も行われ、カープファン大満足の一日となりました。

 カープまつりは8月17日で終了しますが、16日には大活躍のルーキー・大瀬良大地投手の応援歌を歌うカープ女子・松前香帆さんが来館、トーク&ライブを開催します。12日のヤクルト戦試合開始前のセレモニーで国歌斉唱を行った彼女、どんなトーク、どんな歌声を披露してくれるか大いに楽しみです。今年も心斎橋を真っ赤に染めた「広島カープまつり」は熱烈なカープファンに支えられ、いよいよフィナーレを迎えようとしています。

(スポニチプラザ大阪総支配人・厨子雄二)

【関大生の鰻谷漫歩】「可能性は無限大」

バックナンバー 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

スポニチプラザ大阪で開催中の「アイドルランド」イベントでライブを展開するアイドルたち

 7月6日スポニチプラザ大阪で10回目の開催となるアイドルランドというイベントが開催された。さまざまなアイドルが登場しミニゲームや歌でお客さんを楽しませる。今回登場するアイドルは2組、Nep sistersの森下華奈子さん、5人組のアイドルグループのレジスタンス。赤色のコスチュームのシオリさん青色のミズキさん黄色のアカリさん緑色のアヤカさん桃色のユウリさん。MCは松竹芸能のぺんぎんダービー。

 森下華奈子さんは2011年7月23日にデビュー、小学校6年生の頃アイドルになりたいと思った。森下さんは現役の学生で「学校の勉強との両立が大変だけどテスト期間でも自分のライブには休まず出たい」と言うほどの頑張り屋らしい。レジスタンスのメンバーは「全員がアイドルになりたいと思っていたわけではない」が、「奇跡的に集まった5人です」とメンバーは口をそろえる。レジスタンスのうち2人は私立の学校に通っていており「学校が終わってレッスンやイベントに行くのは大変だけどファンが応援してくれるし普通の人では体験できないことができる」と話す。

 そしてこのイベントにアイドルとしてではなくMCのぺんぎんダービーの弟子という触れ込みでミニゲームに参加した女性がいる。あられさん。現在高校三年生の17歳だ。話を聞こうとすると「わたしアイドルでもないのに取材してもらってもいいんですか?本当にいいんですか?」と驚いた表情だ。将来人前でしゃべって楽しませる人になりたいという目標がある。

 テレビでお笑い芸人の中川家のコントを見たあられさんに衝撃が走った。「おもろい人になりたい」とその瞬間思った。母親にお笑い芸人になりたいと告げたとき「ええんちゃう?」の一言だった。そして「どんな会社に入っても苦しいことや人間関係で悩む。だったら自分の好きなことで悩みなさい。」と背中を押された。あられさんは「まだまだ駆け出し。これからもっともっと頑張りたい」と語る。自分の仕事を一生懸命頑張っている母親が大好き。頑張ろうと思える原動力はいつもお母さんだ、という。

 今回取材させてもらったのは全員10代の女性。最近の若者はうたれ弱い、根性がないといわれるが、本当にそうだろうか。私が出会った女性たちはひたむきに自分の道を進んでいる。可能性は無限大だ。私は昨年から1年間コラムを書かせて頂いた。鰻谷で出会ったすべての方々に感謝するとともに私も可能性は無限大だと信じ自分の道を進んでいきたい。

(関西大学政策創造学部3回生 植田 明里)
● 関大生の鰻谷漫歩とは ●
 関西大学政策創造学部の深井麗雄教授ゼミの学生によるコラム「鰻谷漫歩」を掲載しています。鰻谷の街の魅力や、お店などを紹介。またスポニチプラザ大阪のイベントの感想などを綴ってくれています。

スポニチプラザ関連−スポニチ紙面記事−

アクセス(地図)

▽住所

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1−19−11鰻谷スクエア1階
(地下鉄御堂筋線・心斎橋駅から徒歩3分)

▽電話 06(6244)2311

▽営業時間 午前11時から午後7時

▽施設 展示スペース、ミニステージ、サテライトスペース、大型スクリーンを備え、あらゆるジャンルのイベントへの対応が可能


▽携帯で地図を確認
QRコードを読み取ってください。



(A)スポニチプラザ店舗
大きな地図で見る
 

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲