スポニチ大阪

イベント・催事2015年日程 近日開催予定のイベントスケジュール

日程 時間 イベント 詳細(来訪者など)
4月
2日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
9日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
10日 10:30〜 毎日新聞「特選農家の産直市場」 新鮮野菜・果物、米、卵、畜産品等販売
10日 18:30〜 競馬GT「桜花賞検討会」参加費2千円 井上オークス、オサム、寺下・岡崎記者
12日 14:00〜 第14回「アイドルランド」 ご当地アイドル3組出演予定

※ スケジュールは急きょ、変更・追加の可能性があります。

【鰻谷通信コラ厶】今年のタイガースは藤浪中心のローテーション

バックナンバー 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

3月24日スポニチ1面

 今年のプロ野球は3月27日に開幕しました。いよいよ6ケ月間に渡る長いペナントレースが始まりました。浪花の春は大相撲春場所、センバツ高校野球などスポーツイベントが目白押し。スポニチプラザでも2月末から3月初めに「大相撲春場所まつり」を開催。大関・豪栄道関、旭天鵬関、勢関を迎えてトークショーを行いました。いずれも大盛況でしたが、やはりファンが最も待ち望んでいるのが、プロ野球の開幕、すなわち阪神タイガースの開幕なのです。大阪でプロ野球といえばタイガースなんです。

 タイガースのオープン戦での戦いぶりを見ますと、打てなかったですね。4番・ゴメスも1割台の成績でちょっと心配です。ところが目を投手陣に向けますとかなり充実しています。新人の石崎剛投手(新日鉄住金鹿島)が即戦力としての期待に応え1軍入り。2年目の岩崎優投手、5年目の岩本輝投手がローテション入り確実です。メッセンジャー、能見、藤浪、岩田、そして岩本、岩崎と並び、抑えのオ・スンファン投手まで駒が揃っています。オープン戦のチーム防御率2・12は12球団でソフトバンクに次いで2位。セ・リーグではトップの数字です。南球団社長も「オープン戦での打撃成績はあまりあてにできないけれど、投手成績、チーム防御率はシーズンに入っても期待できる」と投手力には手応えを感じているようです。

 そんな投手陣にあって注目はやはり藤浪投手でしょう。1年目10勝、2年目11勝をマークして3年目の今季はローテーションの中心として期待されています。中西投手コーチも「藤浪に期待するのは投手陣を引っ張ってもらうことだ」と断言しています。「3年目の今年はチームの主力投手として扱ってもらえるように1年間やっていきたい」と藤浪投手自身も中心投手としての「自覚」を持っています。キャンプから順調に仕上がり、体重が88キロから92キロに、胸囲は100センチから105センチと肉体面でも「成長」。大きな期待が寄せられています。「今年はイニング数を多く投げたいと思っています。マウンド上での勝ちにこだわる姿勢や、一生懸命、若者らしく投げている姿をファンの皆さんに見てもらいたいです」そういう藤浪投手の3年目に期待したいものです。この藤浪投手の「女房役」になるのが、2年目捕手の梅野です。新人の昨年は大ブレークし、久々に自前のキャッチャー誕生と注目されました。今年は「打てるキャッチャー」としてどれだけ成長するのか。藤浪投手と梅野の若手コンビでチームを引っ張ってもらいたいと、ファンも願っているでしょう。

 さてスポニチプラザ大阪ですが、4月10日には競馬のGT桜花賞の競馬検討会が行われます。春競馬の検討会第1弾で、司会が岡崎淳記者、オサム記者、寺下厚司記者と女性コラムニストの井上オークスさんが参加して大予想を行います。今後は天皇賞・春、日本ダービー、宝塚記念と検討会を開催します。毎回、人気となるこの競馬検討会へのご参加もお待ちしています。

(スポニチプラザ大阪事務局長・近藤 健)

【関大生の鰻谷漫歩】縁の下の力持ち

バックナンバー 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

3月8日開催された「アイドルランド」に出演したアイドルがステージ上に勢揃い

 3月8日、スポニチプラザ大阪では第13回アイドルランドが開催された。4組のアイドルによるゲーム、トークショー。“性格がよさそう”といったお題を観客だけに見せ、MCの「ぺんぎんダービー」がお題に沿ってアイドルのメンバーを並び替え、アイドルには自分たちがどんな順で並べられているかを答えてもらうゲームが行われた。応援に来たファンがアイドル達にヒントを言いながらファンも一緒に楽しんでいた。前回とは違いライブは、長堀のライブハウスWAXXという別の場所で行われた。

 参加したアイドルは、高知のご当地アイドル4人組「はちきんガールズ」、大阪出身6人組アイドル「レジスタンス」、関西を拠点としたガールズユニット「Girlz Girly→」の研究生3人組「d Position生」、「PPチョッパーズ」という2人組ユニットの内の「山本真凜」。MCは松竹芸能所属、「ぺんぎんダービー」が務めた。

 現在アイドル戦国時代と言われ競争は激しい。今回登場した彼女達も各グループごとに個性を持ち、アイドル界で勝負している。“無人島でも生きていけるアイドル”というキャッチコピーを持つ「はちきんガールズ」。高知県観光特使(平成22年任命)を務める彼女達は約40曲、オリジナルの曲を持ち、内20曲では高知の美味しいもの(たたき、地鶏など)をPRしている。また、2年前には中国、台湾のコメディ番組に出演し、土佐弁で受け答えするのだそう。NHK「恋する地元キャンペーン」という2014年の4月から始まった地域の元気を応援するキャンペーンの高知代表にも選ばれている。また、この日はリーダーの平田伊梨亜さんが英国のオックスフォード大学に半年間留学しているため、3人で活動していた。高知のご当地アイドルだが現在は東京に拠点を移し活動している。「脱藩しました」。トーク中の彼女達は明るく、特に梶原妃菜子さん(16)は天真爛漫なトークで会場を盛り上げた。

 明るい5色カラーが特徴的な「レジスタンス」は、今年の3月21日(土)、18時開場、難波ロケッツで初ワンマンライブを行うという。300人も入る会場で、集客に向け意気込んでいるのだという。ユニットとしてイベントで活動するのは3回目の「d Position生」。本番前に話を伺ったのだが仲が良く、トークも彼女達の仲の良さと明るさで盛り上げていた。今回最年少の山本真凜(13)さん。ソロでの登場だったが堂々としていて最年少とは思えなかった。 アイドルランドでは毎回数組のアイドルが出演する。そこでMCを務める「ぺんぎんダービー」の2人。正木優さんは元々幼稚園の先生をしていて21歳で辞め、芸人の世界に飛び込んだ。この時mixiというSNSで知り合った女性とコンビを組んだという。一方左近しおりさんは高校卒業後、松竹芸能へ入り、別人とコンビを組んでいた。2人は同じころにそれぞれのコンビをしたため「ぺんぎんダービー」としてスタートしたという。正木さんは将来MCを、左近さんは「探偵ナイトスクープ」という番組の女探偵を目指している。この二人によるアイドルランドの盛り上がりを見ていると、それぞれの目標は実現できそうだ。

(関西大学政策創造学部2回生 片上優)

● 関大生の鰻谷漫歩とは ●
 関西大学政策創造学部の深井麗雄教授ゼミの学生によるコラム「鰻谷漫歩」を掲載しています。鰻谷の街の魅力や、お店などを紹介。またスポニチプラザ大阪のイベントの感想などを綴ってくれています。

アクセス(地図)

▽住所

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1−19−11鰻谷スクエア1階
(地下鉄御堂筋線・心斎橋駅から徒歩3分)

▽電話 06(6244)2311

▽営業時間 午前11時から午後7時

▽施設 展示スペース、ミニステージ、サテライトスペース、大型スクリーンを備え、あらゆるジャンルのイベントへの対応が可能


▽携帯で地図を確認
QRコードを読み取ってください。



(A)スポニチプラザ店舗
大きな地図で見る
 

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲