スポニチ大阪

イベント・催事2015年日程 近日開催予定のイベントスケジュール

日程 時間 イベント 詳細(来訪者など)
8月
28日〜9月2日 11:00〜19:00 「第6回広島カープまつり」 選手直筆サイン入り写真パネル販売他
8月29日:大野豊氏トーク(14:00〜)
9月2日:石田敦子さんトークショー&サイン会(14:00〜)
9月
3日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ ユーストリーム生配信
8〜10日 11:00〜19:00 マンボラマ展示商談会  
11日 10:30〜 毎日新聞「特選農家の産直市場」 新鮮野菜・果物、米、卵、畜産品等販売
13日 開始時間未定 第18回「アイドルランド」 ご当地アイドル3組出演
17日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ ユーストリーム生配信

※ スケジュールは急きょ、変更・追加の可能性があります。

【鰻谷通信コラ厶】100年目の高校野球、東海大相模が優勝!

バックナンバー 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

8月21日付けスポニチ1面

 大阪・豊中で「第1回中等学校優勝野球大会」が開催されたのが1915年(大正4年)。そこからちょうど100年目にあたるのが今年の全国高校野球選手権大会でした。そんな大きな節目の大会で8月20日に優勝を飾ったのは東海大相模。仙台育英との決勝戦は同点の9回に東海大相模の小笠原投手自らの決勝アーチが飛び出し、決着がつくというドラマチックな試合でした。優勝投手が決勝本塁打を放ったのは史上初という、100周年を飾るにふさわしい優勝です。「うれしすぎて涙がでない。最高です」小笠原投手のこのコメントがすべてを物語っているようです。

 それにしても今年の高校野球は話題が豊富でした。和製ベーブ・ルース、早実・清宮選手の登場で甲子園球場は第1試合から4万7000人の大入り札止めが続き、関東第一のオコエ瑠偉選手の好守、快足ぶりにファンは大いに沸きました。それだけ今年は優秀な選手が多かったということでしょう。秋に行われるドラフトの候補選手がずらり顔をそろえていますが、まず投手から見てみると優勝した東海大相模の小笠原慎之介投手がスカウトから特Aランクの扱いを受けています。貴重な左腕ということもありますが、落ち着いたプレートさばきが高く評価されているようです。阪神も甲子園期間中、徹底マーク。中村勝広GMも直々に視察し、何と坂井オーナーまで観戦するという熱の入りぶり。「一級品であることに間違いない」と中村GMもぞっこんでした。阪神が高く評価している投手はもう一人います。県岐阜商の高橋純平投手で、甲子園には出場できませんでしたが、甲子園の後の「18歳以下のW杯」では日本代表入り。147キロをだすなど大器の片鱗を見せつけました。右の高橋、左の小笠原という評価になっており、阪神が秋のドラフトでどちらを指名するか注目です。

 「あの守備はいますぐプロでも通用する」とスカウトから評価されているのが、準優勝した仙台育英のショート・平沢大河選手。軽快なフットワークに安定感のあるスローイングに加え、甲子園で3本塁打したバッティングも大きな魅力。特に鳥谷選手のあとのショートを探している阪神にとってはぜひとも欲しい選手です。中村GMも平沢選手を「野球センスの塊だ」と評しています。阪神では甲子園にはでていないものの日大三島の小澤怜史投手も右の本格派として評価しています。「金のたまご」が多く出場した今年の甲子園。ドラフトでどこの球団に入るのかにも興味がわきます。

 高校野球が終わればいよいよプロ野球です。優勝争いも佳境に入り、どこが1位でゴールするのか、まだまだ予断を許しませんが、スポニチプラザ大阪では、8月28日から9月2日まで「広島カープまつり」を開催。今年で6回目で、ファンの皆さんにもおなじみのイベントになっています。ぜひ足を運んでください。

(スポニチプラザ大阪事務局長・近藤 健)

【関大生の鰻谷漫歩】アイドルたちの『夢』

バックナンバー 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

 8月9日、17回目となるイベント「アイドルランド」がスポニチプラザ大阪で開催された。アイドルランドは3部構成で、このスポニチプラザのイベントは第2部であり、観覧無料で、アイドルが歌だけでなく、トークやゲームなどでお客さんを楽しませた。今回は20名ほどのファンが会場に訪れる中、おなじみ松竹芸能所属の女性お笑い芸人2人組「ぺんぎんダービー」がMCを担当し、楽しい雰囲気で始まった。今回登場したアイドルグループは、去年6月8日デビューの3人組「ひまわり女子(東京)」、今年3月15日デビューの2人組「Shallm Cat」、今年6月15日デビューの2人組「テレジア(東京)」だ。総勢3組7名のアイドルたちが自己紹介などトークをし、ゲームを行った。これらのアイドルグループが行ったゲームは3つ。1つ目は怪談の写真を見てそれに対するクイズに答える怪談ゲーム。2つ目は1人が写真を見てその人以外は目隠しをし、目隠しをしていない1人の指示に従いながらきちんと写真のポーズをとれるのかというゲーム。3つ目はペンギンダービーの左近しおりさんがお題に沿ってアイドルに順番をつけ、これはどんなお題で並べられた順番なのかをアイドルたちが当てるゲーム。これらのゲームでは、アイドルたちの個性豊かな回答で会場に笑いが起き、ファンも大変大満足の様子であった。

 3組のアイドルグループたちは控え室で、「イベントでゲームをするのは初めてで、ゲームの内容を何も聞かされてない状態だが、緊張はなく、わくわくしている」と語り、意気込みも、「全力で」「遊ぼう」「ありのままで」とそれぞれ元気よく答えた。3組は大阪の前に岡山でもライブを行い、このアイドルランドも3部構成で大忙しだが、アイドルたちは明るく、それぞれ仲が良く、和気あいあいとした雰囲気であった。

 そんなアイドルグループの中で私が注目したのは、黄色の衣装が印象的だったひまわり女子の瀧川紗代さん。「歌のお姉さんになりたくて、芸能事務所に入った。自分がアイドルになるなんて考えていなかった。」と語ってくれた。そのような夢を持った彼女だが、このイベントでもMCぺんぎんダービーに二の腕やあほキャラでいじられるほど、今ではすっかり誰からも愛さるキャラのアイドルである。控え室でも、歌のお姉さんの身振りをしてくれた彼女。いつか夢を叶えてほしいと思う。

 普段は東京で活動し、この後にも8月に10本以上のライブがあるという、大忙しなアイドルたち。そんなアイドルたちが大阪に来るということで、福井から青春18切符を使い、このアイドルランドに来たというファンもいた。このようなファンにとって、アイドルとファンの距離がわずか2−3メートルで、握手や会話や写真を撮ることができるこのイベントはとてcも魅力的であるに違いない。

(関西大学政策創造学部2回生 西村有紗)
● 関大生の鰻谷漫歩とは ●
 関西大学政策創造学部の深井麗雄教授ゼミの学生によるコラム「鰻谷漫歩」を掲載しています。鰻谷の街の魅力や、お店などを紹介。またスポニチプラザ大阪のイベントの感想などを綴ってくれています。

アクセス(地図)

▽住所

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1−19−11鰻谷スクエア1階
(地下鉄御堂筋線・心斎橋駅から徒歩3分)

▽電話 06(6244)2311

▽営業時間 午前11時から午後7時

▽施設 展示スペース、ミニステージ、サテライトスペース、大型スクリーンを備え、あらゆるジャンルのイベントへの対応が可能


▽携帯で地図を確認
QRコードを読み取ってください。



(A)スポニチプラザ店舗
大きな地図で見る
 

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲