スポニチ大阪

7月8日〜12日『広島カープまつり』開催決定

昨年の「第6回広島カープまつり」に出演したスポーツニッポン評論家・大野豊さん

 まだ5月というのに30度越えの真夏日が全国各地で報告されています。涼しいはずの北海道・北見市や帯広市でも32度を記録し、いやはや今年の夏は一体どうなるのか今から心配になってきます。麦を収穫し、田植えを始める季節とされる二十四節気『芒種』も間近に迫り、いよいよ梅雨入りも近づいてきました。梅雨本番を前にアジサイの花もぼちぼち開花を始めています。酸性の土には青、アルカリ性の土には赤というように、植えられた土壌によって花の色が変化するといわれるアジサイ。赤、青、紫の微妙な色合いを見ていると、七変化の別名がほんとうにふさわしく思えてきます。とらえ方によってはうっとおしい季節から趣のある季節となる梅雨。小雨に煙るアジサイの花を眺めるのも乙なものです。

 開幕から2カ月を経過したプロ野球ですが、セ・リーグでは広島カープが絶好調、首位を突っ走っています。昨季まで投手陣をけん引してきたエース前田健太投手が大リーグ・ドジャースに移籍し心配された投手陣でしたが、先発・中継ぎ・抑えの各投手が持ち場を守り、予想以上の踏ん張りを見せています。攻撃陣ではエルドレッド、新井、丸、菊池、松山が好調、田中や鈴木、安部らの若手も順調に育っています。大混戦のセ・リーグにあって一歩抜きん出た存在となっているのは間違いないでしょう。今後ますますカープの戦いに期待のかかるところです。そんな中、今年もスポニチプラザ夏の名物イベント『広島カープまつり』の開催が決定しました。第7回目となるイベントは7月8日(金)から12日(火)までの5日間、大阪市北区茶屋町の毎日放送『ちゃやまちプラザ』で開催します。毎年好評の選手直筆サイン入り写真パネル販売には會沢翼、丸佳浩、堂林翔太、菊池涼介、鈴木誠也、田中広輔、今村猛、福井優也、中崎翔太、野村祐輔の10選手が勢揃い、各種特集号、広島版、スポニチプラザ特製の紙面プリント、カープ球団承認のカープグッズの販売などを行います。7月11日(月)にはスポニチ評論家の大野豊さんがトークショーを行います。また、今開催には広島県大阪事務所の協力で広島県人会の皆さまもイベントに参加予定で、広島県の物産販売などを行う予定です。広島カープまつりへのご来場をお待ちいたしております。

 広島カープまつりの後もスポニチプラザイベントは続きます。3回目の開催となる『オリックスバファローズまつり』は8月10日(水)〜14日(日)の5日間開催。棋士会副会長の久保利明九段を中心に5月8日に熊本地震復興支援のチャリティーイベントを開催した日本将棋連盟は9月10日(土)・11日(日)の2日間、『将棋まつり』を開催します。今後もスポニチプラザの楽しいイベントにどうかご期待下さい。

(スポニチプラザ大阪総支配人・厨子雄二)

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲