スポニチ大阪

イベント・催事2014年日程 近日開催予定のイベントスケジュール

日程 時間 イベント 詳細(来訪者など)
10月
19〜20日 11:00〜 紳士服「エフワン」販売会  
23日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
24日 18:30〜 競馬「菊花賞」検討会 井上オークス
オサム、仙波広雄、細原邦央出演
30日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
11月
6日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
9日 14:00〜 アイドルランド ご当所アイドル3組出演
12日 開始時間未定 楪望の「アナウンス講座」 楪望(ゆずりは・のぞみ)出演※毎週水曜
13日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
14日 10:30〜 毎日新聞「特選農家の産直市場」 新鮮野菜・果物、米、卵、畜産品等販売

※ スケジュールは急きょ、変更・追加の可能性があります。

【鰻谷通信コラ厶】広島土砂災害復興支援、広島カープまつりCS開催

バックナンバー 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

広島カープまつりの風景

 いやー、惜しかったですね。オリックスと日本ハムの戦いとなったパ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージ。11日は日本ハムが勝ち、12日はオリックスが激的な逆転勝ちを飾りました。オリックスに勢いが出てきたのですが、13日は台風19号の影響で中止となり、順延になったのがオリックスにとっては災いしたのでしょうか、第3戦のオリックスは打てませんでした。結局、日本ハム・中田選手に決勝ホームランを打たれてしまいました。

 スポニチプラザでは10月4日から8日まで「オリックスまつり」を開催しました。4日には1試合19奪三振の日本記録を持つ元オリックス投手の野田浩司さんを招きトークショーを行い大盛況。選手の直筆サイン入り写真パネルも販売しました。金子投手、糸井選手など10選手のパネルを1選手10枚、すべてで100枚を用意しまいしたが、ほぼ完売するという盛況ぶりでした。それだけにオリックスの敗退は残念で仕方ありません。

 クライマックスシリーズといえば阪神と広島が戦ったセ・リーグのファーストステージです。甲子園で行われる11日から13日に合わせてスポニチプラザで「広島カープまつりCS」を行いました。当日のスポニチ広島版、タブロイド版の「がんばれカープ特集号」、「前田智徳引退特集号」、さらにスポニチ紙面を上質紙に印刷した紙面プリントも「前田健太特集」「2014年シーズン特集」「前田智徳引退特集」の3点をそれぞれ販売。「カープ坊や」生みの親、ガリバー岡崎さんの似顔絵会も行いました。もちろん当日はテレビ観戦しながらカープを応援。1戦目は前田投手が福留選手に手痛い一発を喫し、2戦目は延長12回まで戦ったものの、タイガース投手陣を攻めきれず、敗れました。「また来年や。来年の目標ができたと思えばいい」プラザに来場したファンからこんな声も聞かれたものです。

 「広島カープまつり」は今年の8月に開催し、盛況のうちの終わりました。今回、CSバージョンを行ったのは実は8月に広島を襲い大きな被害を出した土砂災害復興支援のためです。試合を見るため、わざわざ名古屋から来た女性ファン、さらに入場券が手に入らずプラザで観戦のファン、それぞれが募金に快く応じてくれました。集まった浄財は後日、毎日新聞社会事業団を通じて被災地に届けられることになっています。

 プロ野球のイベントが続いたスポニチプラザですが、10月24日には「競馬GT菊花賞馬券検討会」を開催します。いよいよ本格的な秋競馬のシーズンイン。人気のイベントだけに会場は大入り満員となります。競馬ファンには楽しみなシーズン。皆さんのご参加、お待ちしています。

(スポニチプラザ大阪事務局長・近藤 健)

【関大生の鰻谷漫歩】オリ姫たちの願い

バックナンバー 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

「野田浩司さんトークショー」イベント会場風景

 スポニチプラザ大阪では10月4日〜8日まで「オリックス・バッファローズまつり」が開催された。イベント初日の4日は元阪神タイガースのエースでその後、オリックス・ブルーウェーブでも活躍した野田浩司さんのトークショーや有力10選手のサイン入り写真パネルが数量限定で販売されるなど、プレミアム感のあるイベントに多くのオリックスファンが集まった。今季のオリックスは首位こそ逃したものの、本当に強かったとファンは感じている。また球団としても、1試合の観客動員数が平均2万2734人と前年に比べ16.2%も大幅に増えた。その裏には、20〜30代の若い女性の力、「オリ姫」たちの応援があった。

 このイベントで出会った宮城章恵さん(25歳)は、今年の春に初めて試合を観戦したそうだ。それまでは野球に全く興味がなく、セ・リーグとパ・リーグの違いもわからなかったという。しかし、会社の同僚に連れられて観戦すると見事にハマり、今ではひとり観戦も平気だ。ある時には、試合開始2時間前から球場に入り、選手の練習姿や選手同士の触れ合いを見て楽しんでいる。また、ひとりだと隣の席の家族連れが声をかけてくれたり、SNS上でやりとりをしていたオリ姫友達と会って一緒に観戦することもあるそうで、楽しみ方は人それぞれだとわかった。

 また、9月16日のソフトバンクとの首位攻防3連戦について、初戦を家で観戦していた宮城さんは「もうどうしても見に行きたくなってしまって、(次の試合の)チケット頑張って取りました。」という。彼女にそこまでの衝動を与えたのは、西投手の涙だった。0対2、1死2塁の負けが許されないピンチで、バッター李選手との勝負球はレフト最上階への3ランホームランに終わった。西投手は膝から崩れ落ちて涙し、そのまま交代となった場面だった。宮城さんはその時、実際に球場へ行ってもっと応援したいという気持ちが強まったそうだ。

 最後に、クライマックスシリーズへの彼女自身の意気込みを聞くと、「最後まで見届けて、もう一度ソフトバンクと戦って欲しい。ファイナルは福岡開催やけど見に行きます!」と笑顔で語った。最近では、カープ女子やオリ姫など今までになかった女性目線でプロ野球を盛り上げていこうという動きがある。それは野球と無縁だった女性たちにとって、新鮮な出来事で、一生懸命に応援することで生きがいも生まれてくるのではないかと思う。

(関西大学政策創造学部2回生 重本 若菜)
● 関大生の鰻谷漫歩とは ●
 関西大学政策創造学部の深井麗雄教授ゼミの学生によるコラム「鰻谷漫歩」を掲載しています。鰻谷の街の魅力や、お店などを紹介。またスポニチプラザ大阪のイベントの感想などを綴ってくれています。

スポニチプラザ関連−スポニチ紙面記事−

アクセス(地図)

▽住所

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1−19−11鰻谷スクエア1階
(地下鉄御堂筋線・心斎橋駅から徒歩3分)

▽電話 06(6244)2311

▽営業時間 午前11時から午後7時

▽施設 展示スペース、ミニステージ、サテライトスペース、大型スクリーンを備え、あらゆるジャンルのイベントへの対応が可能


▽携帯で地図を確認
QRコードを読み取ってください。



(A)スポニチプラザ店舗
大きな地図で見る
 

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲