スポニチ大阪

イベント・催事2015年日程 近日開催予定のイベントスケジュール

日程 時間 イベント 詳細(来訪者など)
4月
30日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
5月
1日 18:30〜 競馬GT・天皇賞(春)検討会 ゲスト出演者未定
2日 13:00〜 「しあわせの五・七・五」川柳イベント MBS水野晶子アナウンサー出演
5・6日 開演時間未定 「トルコ×日本友好の絆」イベント 詳細未定
7日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
8日 10:30〜 毎日新聞「特選農家の産直市場」 新鮮野菜・果物、米、卵、畜産品販売
10日 14:00〜 第15回「アイドルランド」 ご当地アイドル3組出演予定
14日 12:00〜 「FC大阪TV」withスポニチプラザ大阪 ユーストリーム生配信
16日 開演時間未定 第12回ゴールドコンサート関西予選会 障がい者の音楽コンサート

※ スケジュールは急きょ、変更・追加の可能性があります。

【鰻谷通信コラ厶】三浦カズ、あっぱれゴール!

バックナンバー 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

カズの今季2得点目を伝えるスポニチ紙面(4月20日付け)

 サッカーの「キング・カズ」こと三浦知良選手の歴史的なゴールを巡って4月5日から4月19日までの3週間にわたり大きな話題が巻き起こりました。

 その始まりとなったのは、4月5日、J2の横浜対磐田戦。横浜FCの三浦知良選手が前半14分、見事なヘディングシュートを決め、48歳1ケ月10日のJリーグ最年長ゴール記録をマークしました。それまでは1994年、鹿島のジーコ選手が記録した41歳3ケ月12日ですから、大幅に記録を更新したことになります。50歳近くになってJリーグで出場するだけでも大変なことなのに、ゴールまでマーク。スポーツ界の大ニュースになったのも当然です。ここまではめでたし、めでたしでしたが、12日のTBSテレビ「サンデーモーニング」、「カツ」「あっぱれ」で有名なスポーツコーナーで張本勲氏が「カズよ、もうおやめなさい。後輩に席を譲りなさい。現役にしがみつくな」とコメントしたものだからさあ大変。ネット上では張本氏に対するバッシングが飛び交い、あらぬ方向へ話題が行ってしまったのです。張本氏にしてみれば「私は長嶋さんとカズがだぶるのよ。晩年は動きが悪くてね。歴史的なスター選手の衰えた姿を見たくない」という心情を含んだ発言でもありました。ところが、ここからカズの大人の対応がまたファンをしびれさせました。「そう言われるのは光栄。激励だと思って頑張る」と発言し、さすがの張本氏も感心しきり。19日の同じ「サンデーモーニング」では「大先輩にそんな風に言われたら、普通なら反論するでしょう。それを激励だと思って頑張るとさらっとかわした。なかなかそんなコメントは出来ませんよ。日本男子の美徳。広島の黒田投手と一緒です。あのコメントで、言った私の方が恥ずかしい気持ちになってます」とほめあげ、「あっぱれ!」。

 この19日の朝の放映で騒動は収束かなと思われましたが、その直後に「あっぱれな続編」が待っていました。同じ日の午後の試合、J2・長崎戦で三浦選手がまたもゴール。最年長ゴール記録を48歳1ケ月24日へと更新してしまったのです。そして張本氏。日本球界初の3000本安打の大打者、球界のご意見番で歯に衣を着せぬコメントで人気ですが、カズのこのシュートにはまず「大あっぱれ!」。さらに「またやったかという気持ちだ。本人が納得するまでやるというなら、最後まで応援したい。本当にあっぱれですよ」とカズをほめあげた。ともあれ、今回の一連の話題は三浦選手の歴史的ゴールがいかに凄いことかというところから始まったもの。その意味で三浦選手が今後、何歳まで記録を更新していくのか注目していきたいですね。

 さて5月1日からはスポニチプラザの「5周年イベント」が開催されます。1日には競馬の「春の天皇賞馬券検討会」が開催。2日は「しあわせの五・七・五」川柳イベントです。MBS毎日放送の水野晶子アナウンサーが出演し、川柳ファン待望のものとなっています。さらに和歌山・串本沖で沈んだエルトゥールル号海難事故から生まれた日本とトルコの絆を探るイベントも行われます。7日にはユーストリーム5周年記念特別配信。ゴールデンウイークはぜひスポニチプラザに足を運んでください。 

(スポニチプラザ大阪事務局長・近藤 健)

【関大生の鰻谷漫歩】クリームパンとコーヒーに競馬

バックナンバー 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年

井上オークスさんがゲスト出演し、4月10日に開催された「桜花賞検討会」の模様

 春の嵐で桜も散ってしまったが、競馬のクラッシック第1弾、GT・桜花賞の検討会がスポニチプラザ大阪で行われた。女性競馬コラムニスト井上オークスさん、レース部競馬記者のオサムさん、寺下厚司さん、司会の岡崎淳さん出演による検討会がおこなわれた。毎週、火水木曜日に馬のトレーニングセンターへ行き、全国の24から36レースを予想する競馬記者の検討会には、参加者34人がペンで競馬紙面に書き込みをしていた。うち二人は女性客だった。開始の1時間前から会場に来ていたお一人に話を伺った。

 木本敦子さんは2012年のジャパンカップから、スポニチプラザで年8回ほど開催される検討会の6〜7回に参加している。競馬に嵌ったのはご主人の影響だ。2007年の桜花賞から競馬を始め、競馬場へは夫婦2人で行くという。資金は5000円から1万円程度。先日行われた3月22日の阪神大賞典では馬単、馬連をダブル的中させ42000円の払い戻しを受けた。

 彼女は本町のスーパーでパートをしている。周辺には飲食店があり、その店に立ち寄る競馬好きのお客さんが彼女のいるレジに寄ってきて、競馬の話をしていく。また、桜花賞や皐月賞などのGTレースで彼女の好きな馬が出るときは、ほんのちょっとした仕事の合間に予想を楽しんでいる。昨年の12月には、「ロードカナロア」という彼女が好きな馬を見るため香港にまで見に行った。競馬専門チャンネル「グリーンチャンネル」が企画した同社の20周年記念「桜花賞10組限定招待で、来賓席が当たったというからクジ運も相当なものらい。

 国内でも東京発の福島競馬場観戦ツアーや、大阪発の小倉競馬場観戦ツアーなどがあるが、JRA(日本中央競馬会)のHPによると、昭和50年をピークに、本場入場者数は半分以下にまで低下している。そこで女性ファンを増やそうと競馬会は躍起だ。UMAJO SPOTという女性専門エリアが4月12日の桜花賞に合わせて先月21日から競馬場内に週末限定で開設されたのも集客の一環だ。パドックを見ながら無料で、週替わりスイーツやドリンクを食べたり飲んだりすることができる。今回取材した木本さんも利用したことがあるらしい。有名な八天堂のクリームパンやUCCのドリップコーヒーが用意されているが、あまりの人気で席に着くまで少し待たされたという。まろやかなクリームを味わいながら、絶妙なコーヒーの香りに包まれて勝ち馬を予想するのも競馬の新しい楽しみ方だろう。私も行ってみようかな。

(関西大学政策創造学部3回生 片上優)

● 関大生の鰻谷漫歩とは ●
 関西大学政策創造学部の深井麗雄教授ゼミの学生によるコラム「鰻谷漫歩」を掲載しています。鰻谷の街の魅力や、お店などを紹介。またスポニチプラザ大阪のイベントの感想などを綴ってくれています。

アクセス(地図)

▽住所

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1−19−11鰻谷スクエア1階
(地下鉄御堂筋線・心斎橋駅から徒歩3分)

▽電話 06(6244)2311

▽営業時間 午前11時から午後7時

▽施設 展示スペース、ミニステージ、サテライトスペース、大型スクリーンを備え、あらゆるジャンルのイベントへの対応が可能


▽携帯で地図を確認
QRコードを読み取ってください。



(A)スポニチプラザ店舗
大きな地図で見る
 

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲