スポニチ大阪

長谷川穂積V11戦前に自叙伝!神戸でスパー公開

4Rのスパーを公開した長谷川穂積(右)

 世界王者の長谷川穂積が15日、4月30日にWBO王者のモンティエルを相手に戦う11度目の防衛戦(東京・日本武道館)を前に、自叙伝を発売することを明かした。本のタイトルは「意志道拓」(KKベストセラーズ、1350円+税)。4月5日に発売される。

 V10を達成したことを一区切りとして「(自分の)ボクシングの第一章のことを書いた次第です」と半生をつづった。タイトルは自身の座右の銘。読みは「いしどうたく」で「意志があるところには道が開ける」という意味がある。

 発売から約1カ月後に大一番を迎えるため「(防衛戦に)勝ったら読んでくれる人も増えるでしょ。そういう意味ではプレッシャーになります。負けたらみんな買わない。シビアなこと」とV11でさらなる売り上げアップを狙う。

 この日は神戸市内の所属ジムで防衛戦に向けた本格的なスパーを開始。4ラウンドをこなし、その後も、山下会長のミットに精力的にパンチを打ち込んだ。絶対王者に、いよいよスイッチが入った。


◆ WBC世界バンタム級タイトルマッチ ◆
(4月30日・日本武道館)
王者
長谷川 穂積
(29・真正)
<12回戦> WBO王者
フェルナンド・モンティエル
(30・メキシコ)
28勝12KO2敗 40勝30KO2敗2分

[ 2010年3月16日付 ]

ニュース一覧

大阪企画特集
スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲