スポニチ大阪

スポニチキャンパス

京産大空手道部

 【大学選手権初連覇へ基本追究 2020東京五輪新種目 強化指定クラブに】

 京産大空手道部が初の連覇へ向け、スタートを切った。昨年、全日本大学選手権の男子団体組手で4年ぶり4度目の優勝。OBで昨年の世界選手権を制した荒賀龍太郎コーチ(26=荒賀道場)をはじめ、ナショナルチームにも複数人が選出されるなど、注目度も期待度も高い。2020年東京五輪の新種目にも選ばれた空手を追究する話題の部に迫った。

部員一同が気合の正拳突きを見せる京産大空手道部の選手たち

 底冷えのする冬の体育館に気合十分の声が響く。吐く息は当然、白い。昨年11月に全日本大学選手権を圧勝で制した京産大空手道部。基本の動作を繰り返す内に熱を帯び、選手の額には玉の汗が光った。

 「京産大がまだ果たしたことのない、2連覇が目標です。去年は追う立場で挑戦者だったけれど、今年は追われる立場。去年と一緒のことをしていては連覇は無理だと思っています」

 歯切れのいい口調でそう語るのは新主将に就いたばかりの杉本一樹だ。昨年の優勝メンバーの一人だが、ほろ苦い思いも抱える。昨年4月、全日本連盟が実施した全日本強化選手選考会。意気揚々と参加した杉本だったが、選考会途中に左膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂する大けがを負った。懸命のリハビリで11月の大舞台に何とか間に合わせ2試合に出場も、「大学としては優勝して良かったですが、僕としてはケガで一年を通して活躍できなかった悔しさが残っています」と手放しで喜ぶことはできなかった。

(左)鋭い技を繰り出す釜口(右)頼れる存在の杉本新主将

 手負いの選手がいながらも、決勝戦では近大を3―0と圧倒した。それは、1965年の学校創立と同時に創部された空手道部に脈々と伝わる教えがあったからだ。同部OB会の中川保司会長は「空手はとにかく基本。基本が第一。それは昔も今も変わりません」と説く。日々の鍛錬が大学日本一へ誘った。

 追い風も吹く。空手が2020年の東京五輪の新種目に選ばれたことで、大学側は16年度の全日本強化選手に8人も選出されている空手道部を強化指定クラブに指定。大学1年時からナショナルチームに所属する釜口幸樹は「東京五輪のことより、まずは目の前の一戦一戦。全日本大学選手権でまた勝てるように結果を残していきたい」と連覇への意気込みを強調する。ただ、連覇を果たせば、将来の道を開拓するのは自然の流れ。京産大からオリンピアンが誕生することは決して、夢ではない。

 「一人一人が自覚を持つことが大切。自分は人一倍練習をして、背中で見せていきたい」

 杉本の決意表明に部員全員がうなずく。今日も、そして明日も、京産大空手道部は道場にこもる。

 ≪荒賀コーチ、3年後金メダルへ無敗誓う OBで昨年世界王者≫京産大空手道部は世界チャンピオンを輩出している。OBで現在、同部のコーチを務める荒賀龍太郎=写真=は、昨年11月の世界選手権組手84キロ級を初めて制した。正式種目となる2020年東京五輪で早くも金メダル候補に挙がる。3年後へ向け「世界一になったのでどの試合でも負けるわけにはいかない」と無敗を誓っている。

 両親が道場を営み、小さい頃から英才教育を受けてきた。現在も同じ場所で汗を流す。夕方に大学でコーチの仕事をし、夜に己を磨くというのが1日のスケジュールだ。

 世界選手権の女子形を連覇した清水希容(23=ミキハウス)とは同じ関西ということもあって、励まし合っている。「世界チャンピオン同士。重圧がかかるけど、しっかり頑張ろうと言い合っている」。世界が舌を巻くスピードで、空手界に初の金メダルをもたらす。

練習をこなす山本ら女子選手

 ≪女子も発奮≫男子の活躍に刺激を受けているのが女子のメンバーだ。昨年の全日本大学選手権では優勝した帝京大に準決勝で対戦。惜しくも敗れただけに、主将の山本麻以は「男子は追い込んだ練習をしていた。今年は女子も負けずに男女そろって優勝できたら」とアベックVを遂げるつもりだ。

 京産大では基本的には男女が一緒に練習。同じ空気を吸いながら切磋琢磨(せっさたくま)している。「声を出してみんなを引っ張っていけるようがんばりたい」とリーダーは力を込めた。

 ▽京都産業大学 1965年(昭40)開学、所在地は京都市北区。学生数は1万人を超える総合大学。4月には新しく現代社会学部ができる。学章は、ギリシャ神話に登場するケイロンをかたどったサギタリウス(射手座)と大学の文字を組み合わせている。

【マドンナ図鑑 法学部3年・福家美里さん】

大きな成長を遂げている福家美里さん

 「ミス京産」に選ばれた福家美里さん(法学部3年)が本学を選んだ理由は「自分の可能性ややりたいことを見つけるため」だという。

 高校時代から演劇を始め、人が多く、さまざまな文化が集まる京都で自分を高めたかったからだ。出身は香川県。「一人暮らしを始めて自立できた。自分で物事を考えたり向き合ったりして、何事にも積極的に取り組むようになった」と笑顔を見せる。

 趣味は絵を描くこと。小さい時から大好きだった「絵」は、今では学内のポスターに選ばれるまでになった。「視野を広げるため、いろんなことに挑戦したい」。福家さんは京産大で大きな成長を遂げている最中だ。

【魅惑の学食「らーめん壱馬力」、絶品「油そば」行列の価値あり】

 「らーめん壱馬力」は多種多様なメニューがある。トンコツと比べてヘルシーな「鶏塩白湯らーめん」(500円)=写真=もその一つだが、それを上回る超人気メニューが「油そば」(300円)だ。約600食の注文がたった1日で出る。ラーメン用のしょうゆだれ、にんにくラードを混ぜて食べる逸品で、ネギ油やマヨネーズなどを加えて自分用にトッピングも可能。お昼ごろには大行列ができるという。午前11時から午後7時まで営業している人気店。新学期に合わせて新メニューもできる予定だ。

[ 2017年2月7日 ]

Webtools & Bookmarks

大阪企画特集