サブカテゴリー

PR:

瀬戸が全体2位、萩野は3位で決勝進出 男子400M個人メドレー

<競泳・男子400M個人メドレー・予選>力強い泳ぎを見せる萩野

リオデジャネイロ五輪第2日
(8月6日)
 競泳男子400メートル個人メドレー予選には優勝候補の萩野公介(東洋大)と瀬戸大也(JSS毛呂山)が出場、とも好タイムをマークして決勝に進出した。

 予選3組の萩野は4分10秒00の同組1位、全体3位でを突破、同4組の瀬戸は4分8秒47の自己ベストをマークして同組2位、全体でも2位で決勝進出を決めた。決勝は日本時間7日午前10時から行われる。

 ▼瀬戸の話 調子いいですね。最後競っていたんですけど、かなり早いな、と思って決勝のために最後の7メートルくらいゆるめました。ポイントは平泳ぎだと思うので、夜までに感覚を研ぎ澄ませたい。(初めての五輪)楽しいです。

 ▼萩野の話 最高の気持ちです。だいぶ余力を持って泳いだので、こんなに速いとは思わなかった。(瀬戸)大也君と決勝なので、最高のパフォーマンスを2人でして日本の人に勇気を与えたい。

[ 2016年8月7日 01:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(五輪)

      ※集計期間:11月19日03時〜04時

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪