サブカテゴリー

PR:

内村 まさかの鉄棒落下「過信していた部分も…」種目別決勝逃す

男子予選 鉄棒で落下した内村航平

リオデジャネイロ五輪体操
 団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた男子予選が行われ、団体総合で3大会ぶりの金メダルを目指す日本は、合計269・294点で第1班を終えて1位につけたものの、ミスが出たためか表情はさえなかった。

 内村航平は個人総合では90・498点で1班を終えて首位に立ったが、金メダルが期待されていた種目別鉄棒でまさかの落下、得点も14・300で決勝進出はならなかった。

 内村は「普段落下するところじゃないところでの落下があったので、すごく悔しい思いです。練習をかなり積んできたものの…これがオリンピックかなと思った。練習でうまくいっていて、過信していた部分もある」と反省した。

 団体予選は各種目4人が演技し、上位3人の得点合計で争う。最初のあん馬で田中佑典が落下したものの、まずまずのスタートで「このままうまくいくのかな」と思ったと内村。だが、山室光史が跳馬でしりもちをつき、平行棒で田中、山室にミスが出た。更に鉄棒ではエース内村も落下した。

 12年ロンドン五輪で、体操男子の内村は団体総合予選の鉄棒とあん馬で落下。銀メダルだった決勝でも再びあん馬で落下し、金メダルを獲得した個人総合も最後の床運動で着地が乱れた。「やっぱり五輪には魔物がいる」と語っていたが、またしても予想外のミスが出てしまった。

 それでも決勝は予選の得点が持ち越されないため「点数は気にしていない。ミスしているので上に行かれても仕方がないが、決勝には行けると思うので、気持ちを切り替えて調整したい」と必死に前を向いていた。

[ 2016年8月7日 01:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(五輪)

      ※集計期間:11月22日10時〜11時

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪