2016年度ミス日本みどりの女神 飯塚帆南

Webtools & Bookmarks

【写真】飯塚帆南さん

 「みどりの女神」は昨年6月に国際基督教大学を卒業した飯塚帆南さん(22)=兵庫県。「自然が大好き。森林浴にも行くし、自然に癒やされています」と受賞を喜んだ。

 8歳から10年間、上海で育ち、米国留学経験もある国際派。中国語と英語はネーティブレベルで「外国人は日本といえば東京や原宿のイメージを持つ人が多いけど、日本の緑、自然をより多くの方に知ってほしい。どんどんアピールしていきたい」と意欲。理想の女性は緒方貞子元国連難民高等弁務官。「発展途上国の開発に携わりたい。彼女のように歴史に残る女性になれたらいいなと思います」と目標を掲げた。

 「みどりの女神」は昨年新設された賞で、主に林野庁と連携した分野で活動する。林野庁の今井敏長官は「緑豊かな日本の森林だけではなく、世界中の森林を元気にするのを手伝ってくれそうな新『みどりの女神』なので、一緒になって、森林・林業を元気にするために大いに彼女の行動に期待しています」と目を細めた。

プロフィール

飯塚帆南

  • 年齢 :22歳
  • 出身 :兵庫
  • 職業 :15年6月大学卒業
  • 趣味 :ボランティア活動、長距離フライト、森林浴
  • 特技 :英語、中国語、クラシックバレエ、サッカー
  • 身長 :172cm
  • 将来の希望 :国連職員になり、発展途上国の開発に携わること
  • 座右の銘 :Dreams are a future you live in.
  • 活動依頼

ミス日本みどりの女神とは

未来に繋がる豊かな緑を守り育ててきた取り組みや、生活に根ざした日本の木の文化を尊び、みどりや木とのふれあいや活用を通じて、みどりと木への親しみを広める役割を担います。2015年度より選定。

ミス日本みどりの女神の主な活動

国土の7割が森林という世界有数の森林国である日本には、世界最古の木造建築物である「法隆寺」やJAPANと称される「漆器」までさまざまな文化が根ざしています。

このようなみどりと木に親しむ文化を、2020年に向けて世界中に発信して行くため、森林作りや緑化運動など幅広い活動を行ってまいります。

2016年度ミス日本受賞者

  • ミス日本グランプリ
  • ミス日本「水の天使」
  • ミス日本「海の日」
  • ミス日本みどりの女神
  • ミス日本ミス着物
  • 準ミス日本
  • 活動依頼