2015年度ミス日本「水の天使」 柴田美奈

Webtools & Bookmarks

【写真】柴田美奈さん

 「水の天使」は出場者で最年少の柴田美奈さん(19)が受賞。賞を獲れた要因は、ミス日本の勉強会を通じた意識改革にあった。

 「好きな食べ物を食べ、好きな服を着ていた」人生だったが、ミス日本の候補者となり、様々な勉強会を受講することで「もっとこうした方がいいよと助言をいただく機会があって、成長できると実感」したという。そこから得たモットーは「ノーと言わない人生。どんなことでもまずはやってみる」。この積極性が審査員に伝わったのではないかと振り返った。

 コンテスト前日に行われた激励会では14年度ミス日本「水の天使」の神田れいみさん(21)に「水に天使になれたらいいね」と声をかけられていたという。前夜のエールが現実となり、「思いを継承してやりたいです」と意気込んだ。

 大学ではフランス語を専攻しているが、法曹関係の仕事を目指す。「長所は情熱。経験を積んで法律家になることで、また会いたいと思ってもらえるような人物になりたい」と話した。

プロフィール

柴田美奈

  • 生年月日 :1995年10月24日
  • 出身 :神奈川
  • 職業 :大学生
  • 趣味 :舞台観賞
  • 特技 :クラシックバレエ
  • 身長 :164cm
  • 将来の希望 :司法の道
  • 座右の銘 :可能性はいつもすぐ傍に
  • 活動依頼

ミス日本「水の天使」とは

ミス日本「水の天使」は、生命の豊かさを支える美しい水のための人々の努力と、世界の水インフラの発展に貢献できる日本の素晴らしい経験と技術をわかりやすく伝える役割を担います。

水のインフラへの理解と関心を高めるイベント活動やPR活動に取り組みます。

ミス日本「水の天使」の主な活動

地球規模の視点でみると、人口爆発によって世界中が水不足に陥ることはほぼ確実と言われております。

「限りある水資源」について、再利用技術や高度処理技術をリードする日本の技術はこれから世界中から注目されている存在となります。

日本に住んでいると忘れられがちなこうした「水を支える技術や人々」の努力を周知し、理解と関心を高めるイベント広報活動に取り組みます。

2015年度ミス日本受賞者

  • ミス日本グランプリ
  • ミス日本「水の天使」
  • ミス日本「海の日」
  • ミス日本みどりの女神
  • ミス日本ミス着物
  • 準ミス日本
  • 活動依頼
  • 和田静郎特別顕彰