PR:

SG「第19回チャレンジC」22日開幕 あと3日 ボートレース大村

田村隆信(左)と笠原亮

 【当大会得意の笠原&田村 好勝負必至/笠原 昨年10年ぶりSG制覇で連覇狙う、田村 大会最多の3度目Vにチャレンジ】

 ≪注目選手(2)≫昨年の覇者は笠原亮。05年の多摩川クラシック以来となる10年ぶりのSG制覇だった。当時は豪快なターンを武器に、わずかデビュー5年11カ月目にしてつかんだ栄光だったが、その後は調整に悩み低迷。再浮上のきっかけとなったのが持ちペラ制度の廃止だった。ある程度仕上がっているプロペラを自分のスタイルに仕上げる作業で迫力満点の旋回を取り戻すことに成功したのだ。笠原はじわじわと勝率アップ、そして昨年この大会で2度目のSG制覇。賞金ランク19位から9位に上げ10年ぶりのGP出場を果たした。今年もまた大逆転を狙ってこの大会に乗り込む。

 チャレンジカップと相性抜群の田村隆信にも注目だ。過去3回のSG優勝歴のうち2回がチャレンジカップ。1度目は04年で開催地は児島。2度目は11年、今回の舞台でもある大村での優勝だけに、精神的なアドバンテージは計り知れない。比較的、歴史の浅いチャレンジカップで複数回、優勝経験があるのは今垣光太郎と田村で共に2V。今垣は今大会不出場のため最多の3Vにチャレンジできるのは田村だけ。記録更新と同時に、14年以来となるGP出場を狙う。

 20日は日高逸子、長嶋万記両選手を紹介する。

[ 2016年11月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:11月24日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース