PR:

SG「第63回ダービー」25日開幕 あと6日 ボートレース福岡

今村豊(左)と守田俊介
Photo By 提供写真

 【今回で63回目…最古の歴史誇るSG競走/昨年は繰り上がり出場・守田がSG初V 最多優勝3V・今村が昨年の再現目指す】

 ≪歴史・出場資格≫ボートレースダービーは1953年に全日本モーターボート選手権として創設され、今回で63回目。ボートレースで最古の歴史を誇るSG競走だ。第1回(53年)の開催地は若松(優勝・友永慶近)。第5回(58年)は江戸川で唯一開催されたSGとして歴史の1ページに刻まれている。今大会の舞台・福岡では12年以来4年ぶり11回目の開催となる。

 選出基準は過去1年間(開催前年8月1日~開催年7月31日)の勝率上位者。ただし、A1級で出走回数160回以上でなければならない。優先出場者は前年度優勝者と前年のグランプリ優出者、直近のSGボートレースメモリアル優勝者となる。

 今大会の選考勝率1位(7・96)は女子の平山智加。艇史で初めて女子選手によるSGドリーム戦1号艇を手にした。昨年は浜名湖で開催され、繰り上がりの守田俊介が悲願のSG初優勝を飾った。最多優勝は第34回(87年、平和島)、第35回(88年、多摩川)、第37回(90年、戸田)を勝った今村豊の3回。今大会ではその今村が繰り上がりで出場する。

 20日はボートレース福岡の水面特性などを紹介する。

[ 2016年10月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ