SGカウントダウンコラム

SG「第64回ボートレースダービー」24日開幕 あと1日 ボートレース平和島

江口晃生(左)と吉川元浩
Photo By 提供写真

 ◎ドリーム2、3号艇・吉川&江口に注目

 《シリーズ総展望》V候補を挙げるなら今年SG2勝で賞金ランク1位の石野貴之、オーシャンCでSG初制覇を成し遂げた峰竜太の名前が真っ先に浮かぶ。しかし、舞台は高配当が続出する難解水面の平和島。パワーの差も激しく抽選次第で誰にもチャンスが巡ってくるはず。

 ドリーム2号艇の吉川元浩、3号艇の江口晃生の走りに注目だ。吉川は昨年びわこ周年優勝戦Fのペナルティーを抱えながら一般戦を中心に勝ちまくった。そろそろSG戦線で軌道に乗りたい時期だ。江口は全レースでストイックな姿勢を崩すことなく高勝率をキープ。SG初制覇(98年・チャレンジC)の地で再度、花を咲かせたい。

 地元東京支部からは角谷健吾、石渡鉄兵、斉藤仁が参戦する。開催地発表と同時にダービー勝率を意識して一年間を戦い抜いた精鋭3人。走り慣れた水面で強豪を迎え撃つ。

[ 2017年10月23日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:10月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース