海外ターフ事情

凱旋門賞大本命・エネイブル今夜出走

 日本時間の今夜11時35分に発走するG1ヨークシャーオークス(芝11F188ヤード=約2385メートル)に、10月1日に行われる凱旋門賞で大本命と目されているエネイブル(牝3、父ナサニエル)が出走する。

 英オークスを5馬身差で、愛オークスを5馬身半差で制した後、牡馬や古馬との初対戦となった7月29日のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSも4馬身半差で快勝し、3歳夏にして欧州2400メートル路線の頂点に立ったエネイブル。ブックメーカー各社が凱旋門賞へ向けた前売りで2倍から2・25倍のオッズを掲げて、抜けた1番人気に推す同馬にとって、本番へ向けた最終ステップとなるのがヨークシャーオークスだ。

 ここでの相手となるのは、7月2日に愛国のカラ競馬場で行われたプリティポリーSを3馬身1/4差で制し、重賞初制覇をG1で飾った上がり馬のネズワー(牝4)、昨秋のBCフィリー&メアターフ勝ち馬クイーンズトラスト(牝4)といった古馬勢、さらには、ロイヤル開催のG2リブルスデイルSを制している同世代のコロネット(牝3)らになる。

 エネイブルがどんな競馬を見せるか、日本の皆さまもぜひご注目いただきたい。(競馬評論家)

[ 2017年8月24日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:08月24日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース