凱旋門賞

  やはり世界の壁は厚かった――。2日の日本時間夜、仏シャンティイ競馬場で行われた第95回凱旋門賞で、日本のマカヒキ(牡3=友道)は14着と馬群に沈んだ。勝ったのはファウンド(牝4=愛国)でコースレコードの2分23秒61だった。2着はハイランドリール(牡4=愛国)、3着はオーダーオブセントジョージ(牡4=愛国)とA・オブライエン厩舎のガリレオ産駒が1~3着を独占した。このレースで初めてインターネット投票により海外競馬の馬券が国内で発売され、国内オッズでマカヒキは2・8倍で1番人気を集めたものの、日本競馬の悲願である凱旋門賞制覇は来年以降に持ち越しとなった。

記事全文
Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ