PR:

二ノ宮調教師2月末で引退「外から競馬を見たい」エルコンドルパサーなど育てる

二ノ宮敬宇調教師
Photo By スポニチ

 エルコンドルパサーなどを育てた二ノ宮敬宇調教師(65)が2月末で引退することが13日、JRAから発表された。70歳定年を待たずに引退する思いを同師はJRAを通じて文書でコメントした。

 「毎週の競馬開催に追われ、厩舎開業から28年が過ぎてしまいました。これまで調教師会会長や、海外遠征等、十分な成果は得られませんでしたが、貴重な経験をさせて頂きました。突然で申し訳ございませんが、65歳になり、外から競馬を見ようと思い、2月末で退職させて頂きたいと思います。今まで支援して頂いた馬主、協力してくれた牧場関係、支えてくれた従業員、応援して頂いたファンの皆様に心より感謝いたします。そして、愛おしい馬達に対しありがとうございました」。

[ 2018年2月13日 10:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:02月20日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース