PR:

【香港スプリント】ブリザード 発馬決めれば波乱の“猛吹雪”も

香港スプリントに出走するブリザード
Photo By スポニチ

 ブリザードは今年のスプリンターズSに出走した。504キロの馬体は2人引きで周回。イレ込むことなく、テンポ良く歩を刻んでいた。胴詰まりでいかにもスプリンター体形に映った。

 レースはスタートこそ決して良くなかったが、スッとポジションを上げた。押っつけ通しで4角を迎え、馬場の真ん中をジリジリと伸びた。大外から飛んできた勝ち馬の勢いにはかなわなかったが、5着と掲示板は確保。鞍上のモッセは「スタートで少し遅れてしまい、外の馬が出ていたので進路を失った。その後は折り合っていたし、直線もよく伸びていました」と振り返った。勝ち馬と0秒2差。そこから考えれば、通用の力は十分ある。

 父スタークラフトはニュージーランド産ながらオセアニアと英仏でG1・6勝を挙げた名マイラー。母父リダウツチョイスは種牡馬として数々のG1勝ち馬を送り出し、スプリント王国でもある豪州のリーディングサイアーを獲得した。血筋は確かで、マイル志向のある短距離馬といえる。

 昨年の香港スプリントは勝ちタイムが1分8秒8。ブリザードは2走前、同じ良馬場で60キロを背負い1分8秒5をマークした。3番手から伸びて2着。時計面の裏付けもある。10着に敗れた3走前も勝ち馬ラッキーバブルスとは0秒7差。ただ、前走にも見られたようにスタートに課題があるタイプ。ゲートが鍵となる。互角に出れば楽しみ。3度目のスプリントG1挑戦で、波乱の“猛吹雪”を起こすことができるか。

[ 2017年12月7日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:12月19日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース