PR:

【セントライト記念】クリンチャー巻き返しへ!及第点12秒2

単走で追い切るクリンチャー
Photo By 提供写真

 ダービーではハナすら奪えず、不完全燃焼の13着に終わったクリンチャーが秋の巻き返しを狙う。最終追いはCWコース単走でしまいしっかり追われ、6F81秒1〜1F12秒2と上々の時計をマーク。これが前走以来の手綱だった藤岡佑は及第点のジャッジだ。

 「使って良くなるタイプではあるけど、フレッシュですね。最後は苦しくなったからステッキを入れたけど、この1本で良くなると思う。ここから力感が出てくれば…という感じです」

 今回と同じく中山が舞台だった皐月賞では、好位から踏ん張って0秒3差の4着。「中山に替わるのはマイナスじゃない。スタミナ勝負の方がいいですね」と展望する。戦法は決め付けず、枠や相手の出方次第で柔軟に対応する方針だが、宮本師は「とにかく前での競馬になる」ときっぱり。今度こそ持ち味を生かし切り、菊花賞が楽しみになるトライアルとしたい。 セントライト記念

[ 2017年9月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:09月26日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース