PR:

【福岡・オールスター】石野 5大SG初V!年末GP今年こそ

<第44回ボートレースオールスター>SG5勝目を挙げた石野(中央)は、駆けつけた渡辺直美(左)、坂上忍と笑顔で記念写真
Photo By スポニチ

 ボートレース福岡のSG「第44回ボートレースオールスター」は28日、第12Rで優勝戦が行われ、1号艇の石野貴之(34=福岡)がコンマ09の好スタートを踏み込んで優勝。昨年11月の大村チャレンジC以来となるSG5勝目を挙げ、5大SG競走を初めて獲得した。

 予選道中、準優と変わらぬパフォーマンスを優勝戦の舞台でも余すことなく発揮した。大時計との呼吸をきっちりと合わせた石野。ファイナルもコンマ09のトップタイスタートだ。先輩の田中を絶好のカベ役に1Mを難なく先制。後続にわずかな隙も与えることなく置き去りにした。

 「展示、本番とお客さんの声援が凄くて、今までにないくらい緊張した。本当に泣きそうになるくらい。ずっと5大競走を取りたかった。オールスターはファン投票の末に出場できるレースだし、この優勝は格別」

 石野の強さがとにかく際立ったシリーズだった。評判機のパワーを存分に引き出し、初日の段階で機力にOKサイン。あとは鉛筆の先端をとがらせるように、最終日に向けて少しずつ集中力を研ぎ澄ませていった。

 「今節はいいエンジンに助けられた。ここ最近はペラも少しズレていて、リズムも悪かった。今後は悪いエンジンの時に、どうしのいでいくか。そういう部分はある」。そうは言っても、リズムひと息の時には鬼のような抽選の引きを見せるのが石野。そのハンドパワーは今やSG前検の風物詩だ。そして、その勢いのままにエンジンのポテンシャルを限界まで引き出す。15年以降、SGで11優出4V。怪物じみたその安定感は運と技量が完璧にかみ合ってのものだ。

 「(良機を)引くと思っているから引けるのかな。大阪の先輩たちには“またか”とよく言われる(笑い)。グランプリを考えれば立場的には、これでかなり優位に戦っていけると思う」。この優勝で賞金ランクは2位に浮上。グランプリ奪取へ、機は熟しすぎるほど熟した。今年こその思いを胸に石野が年末の大舞台へと歩みを進めていく。

 ◆石野 貴之(いしの・たかゆき)1982年(昭57)6月3日生まれ。大阪支部の34歳、90期。父・美好氏も元ボートレーサー。近大付高では野球部主将。02年5月、住之江でデビュー。SGは10年まるがめオーシャンC、15年三国オーシャンC、16年鳴門オーシャンC、同大村チャレンジCを制し今回で通算5勝目。G1も5勝。過去4度参戦したグランプリはいずれもファイナルへと進んだ。通算3377戦1044勝。主な同期は吉田拡郎、赤坂俊輔、宇野弥生。

[ 2017年5月29日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:12月18日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース