PR:

2年目・中越、父の勝負服で待望の南関1勝「決勝R進出目指す」

南関初勝利を挙げた中越
Photo By スポニチ

 【地方競馬です!!】16日に行われたヤングジョッキーズシリーズ川崎トライアルで現在、高知で期間限定騎乗中の中越琉世(19)がうれしい南関東初勝利を挙げた。9Rのサンドルトンで逃げ切り勝ち。「成果を出すチャンスかなと思っていました」と笑顔がはじけた。昨年4月、川崎・武井厩舎所属でデビューした2年目。1年目は勝ち星に恵まれず南関59戦未勝利。同10月15日からチャンスを求めて武者修行に出た。

 元々高知出身ということもあってか、騎乗馬にも恵まれ昨年は4勝。「こんな下手な僕を高知の方々全員が育ててくれた」。今年も24勝(18日現在)を挙げる活躍を見せている。中越の父は高知、園田で騎手として活躍した豊光氏。通算1706勝(重賞19勝)を挙げ、高知では6度リーディングに輝くトップジョッキーだった。現在は園田で厩務員をしている。琉世の勝負服は豊光氏が現役時代に着ていた物と同じデザイン。「この勝負服を着ている限り恥ずかしいレースはできないです」と強い口調で話した。

 高知での期間限定騎乗は9月16日まで。「(ヤングジョッキーズシリーズの)ファイナルラウンド目指して頑張ります。高知に戻って修業して技術面、人間性を鍛えてきます」。1メートル49の体が大きく見えた。(鈴木 智憲)

[ 2017年5月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ