PR:

【卒業記念競走】23歳木場が優勝「当初からの目標だった」

ボートレース卒業記念競走優勝戦の1周目2マークを先頭で回る木場悠介(1)と各艇

 ボートレースの第119期卒業記念競走は21日、福岡県柳川市の「やまと学校」でリーグ戦勝率上位6人による優勝戦(1800メートル、3周)が行われ、23歳の木場悠介(長崎)が1分49秒97で優勝した。1コースから進入した木場は1周目1マークで逃げを決めて先頭に立ち、後続を振り切った。2着は女子の土屋南(岡山)、3着は溝口海義也(福岡)だった。

 木場は「やまとチャンプは入学当初からの目標だったので素直にうれしい。優勝は鹿児島から来ている家族に一番に伝えたい」と約300人の関係者を前に語った。

 1年の養成訓練を終えた女子6人を含む27人の卒業生は11月から全国各地でデビューする。

[ 2016年9月21日 15:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:10月24日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース