PR:

【皐月賞】ダイヤモンド、デビュー4連勝戴冠へ!ルメール“自信ある”

ルメールを背に併せ馬で追い切るサトノダイヤモンド

 史上空前の好メンバーがそろった牡馬クラシック第1弾「第76回皐月賞」の追い切りが13日に東西トレセンで行われ、“3強”の1頭である3戦全勝のサトノダイヤモンドはCWコースで鋭い伸び脚を披露した。休み明けでも仕上がり万全。父ディープインパクト以来11年ぶりとなる無敗Vに向け、主戦のルメールも強気な言葉を並べた。同レースは14日に出走馬、枠順が確定する。
【皐月賞】

 馬名に偽りなし。サトノダイヤモンドがまばゆいばかりの輝きを放った。首をしっかり使った重心の低い走り。四肢がよく伸びる雄大なフットワーク。原石ではない。しっかり磨き上げられている。「反応がとても良かったし、体もとてもきれい」。感触を確かめたルメールの表情も明るい。

 CWコースでエアカミュゼ(5歳1600万)を5馬身追走。3~4角では他厩舎の馬が内からかわしていったが、全く動じない。パートナーの後ろでリラックスした走りを続けた。ルメールは「この馬に乗るのはとても簡単。どこのポジションでも行ける」と話す。折り合いに不安がないからこそ、どんな競馬でもできる。3強の激突が注目される一戦。末脚勝負のマカヒキや気性面に課題の残るリオンディーズにはない長所を強調し、「マカヒキの前で乗りたい」とライバル打倒のイメージを膨らませた。

 直線は内から鋭く伸びて6F84秒2~1F11秒9で2馬身先着。ゴールを過ぎて追われるとさらに加速した。きさらぎ賞以来の休み明けでも調整に抜かりはない。サトノアラジン(5歳オープン)、プロフェット(3歳オープン)など“上級パートナー”を相手に4週連続の併せ馬を敢行。「1カ月前からだんだん良くなってトップコンディションになった。今までで一番いい?そうです」。ルメールは胸を張る。

 13年セレクトセール当歳セリで2番目となる2億3000万円で取引された馬。デビュー前から評判の一頭だった。新馬戦から手綱を取る鞍上は「デビュー時からポテンシャルが高かった」と振り返る。それが「一戦ごとに課題をクリアしてくれた」(池江師)なら、完勝続きのデビュー3連勝も驚くには値しない。

 きさらぎ賞からの直行Vは90年ハクタイセイのみ。池江師は「ダービーを狙うとすればトライアルを使わない方がいいと考えた」と“次”も見据えたローテーション選択であることを明言した上で「それでもきっちり結果を出せれば」と手応えをにじませる。ルメールも「まだこの馬のリミット(限界)が分からない。自信いっぱいあります」と力強い。デビュー4連勝での戴冠へ。ダイヤモンドは傷つかない。

[ 2016年4月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ