PR:

後藤浩輝騎手、自宅で首つり自殺 何が…前日明るくFB更新

後藤浩輝騎手=2014年10月22日撮影

 JRAの後藤浩輝騎手(40)が27日午前、茨城県内の自宅で亡くなった。自宅で首をつっているところを発見され、自殺とみられる。後藤騎手は26日夜、自身のフェイスブックを更新。笑顔の写真をアップしており、自殺の予兆は感じられない。

 「昨日は泊まってるホテルで、ずっと気になっていた“栃木のプリンス”宇都ノ宮晃の歌謡ショーを観てきました。もちろんTシャツやうちわを買い込み応援!!」とイケメン演歌歌手・宇都ノ宮晃の公演を楽しんだことを報告。

 「公演後、プリンスと!!楽しかった」と2ショット写真もアップ。午後8時12分「ズン!ズンズン ズンドコ ア・キ・ラ~~ッ!!ってやってきました」と、うちわの写真などをアップし、明るく書き込んだのが最後になった。

 今月18日には福島県いわき市内の小学校を訪れ「夢」をテーマに講義。「最後に生徒全員に書いてもらった将来の夢。そのためにやることやゴッティー先生(自身)へのメッセージを書き、それに僕が返信メッセージをする『宝物シート』が後日届くのを楽しみに待ってます!!本当にみんな元気でキラキラしていて僕が元気づけられました!ありがとう!みんな!また会おう」を再会を誓っていた。

 後藤騎手は1992年にデビュー。通算で1447勝し、歴代16位、現役10位の記録を持つ。12~13年に頸椎(けいつい)骨折で1年以上の休養を経験し、昨年4月27日にも東京競馬で落馬し頸椎を骨折。同11月22日に7カ月ぶり復帰を果たした。今月21日には東京11R・ダイヤモンドSで落馬して頸椎捻挫と診断されたが、翌日には京都競馬で騎乗して2勝を挙げていた。今週末の中山競馬にも騎乗予定だった。

[ 2015年2月27日 12:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:12月13日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース