PR:

【東京新馬戦】グレイスフルデイズ“ねじ伏せた”

レースを制したグレイスフルデイズ(手前)

 20日の東京4R新馬戦(芝1400メートル)は、4番手の外を馬群にもまれずに追走した1番人気グレイスフルデイズ(牡=西園、父チチカステナンゴ)が残り1Fで突き抜けた。内田は「距離損はしたけど、力でねじ伏せてくれた。追えば追うほど伸びる感じで距離は延びても大丈夫」と絶賛。西園師は「強かった。上を目指せる馬。次も東京で重賞も考えたい」と東京スポーツ杯2歳S(11月17日)や京王杯2歳S(11月10日)を視野に入れていた。

[ 2012年10月21日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:06月23日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース

      スペシャルコンテンツ