PR:

vol.9 ビシャビシャ大阪

USJでビショビショ暑気払い
Photo By スポニチ

 夏、真っ只中! 脳天もとろける暑さ!こういう時は「ユニバ」へ行こう。大阪人は愛する遊園地、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の事をそう縮めて呼ぶのだ。

 ハンバーガー屋のマクドナルドを「マクド」。ハンバーグ屋のびっくりドンキーを「びくドン」と同様に。

 この夏「ユニバ」では「やり過ぎ限界突破の夏」と題して、映画「怪盗グルー」シリーズに出てくる「ミニオン」を主役にして、水を浴びせるパレードや雪を降らせるショーを毎日行っている。(9月3日まで)

 ぼくも自宅からJRに乗り、数駅で到着できる「ユニバーサルシティ駅」に降り立ち、早速、水浴びを体感してきた。ひとことで「水を浴びる」で言うがこれがまたキョーレツな量なのだ。ビニールガッパがなければパンツまでびしょびしょだ。スマホはビニール袋にでも入れないとぶっ壊れてしまう。防水タイプだとこの「ミニオン・ウォーター・サプライズ・パレード」のダンサーやミニオンの写真もバッチリ撮れるぞ!

 子どもたちは補助タンクを背負って「ウォーター・シューター」(ドでかい水鉄砲)でパレードのダンサーたちと撃ち合いもしている!

 そしてもう一つの「ミニオン・ハチャメチャ・スノー・パーティ」では、灼熱地獄の中、天からの恵みがなんと雪なのだ。気前よく、ミニオンたちが雪を降らせてくれる。しかしまたここでも「ウォーター・シューター」でミニオンやダンサーと撃ち合いができる。大声も出して撃ち合えばストレス発散が出来ることは間違いない!いい暑気払いになる!

 観光業界の中では東京ディズニーランドとよく比較されることが多いが、ぼくは圧倒的にごっちゃ煮、テーマパークのくいだおれの「ユニバ」が大好きだ。東京は自社のキャラクターオンリーで攻めてくるが、大阪は「ユニバーサル映画社」以外の映画会社の作品もテーマにしたアトラクションもあるし、パーク内ではユニバーサル映画からはウッドペッカーをはじめとして、キティちゃんやスヌーピーも歩いている。ごっちゃ煮で言えば、今までに「リング(貞子)」「進撃の巨人」「モンスターハンター」「エヴァンゲリオン」「妖怪ウォッチ」とコラボしてきた。素晴らしい! お客さんは好きなものを選べばいいのだ。またこの夏には漫画雑誌ジャンプと組んで「ユニバーサル・ジャンプサマー」も開催中だ。参画しているのは「ワンピース」「ドラゴンボールZ」「ジョジョの奇妙な冒険」「銀魂」などのアトラクションも期間限定で開かれている。(10月1日まで)

 そして2020年には「Super Nintendo World」もできるという。オリンピックを見に来られた海外からのお客さん狙いだろう!楽しみは限りない。しかしハリーポッターの待ち時間が長すぎて、断念したので、次回こそは体験もしたい。

 ところでぼくの目指すは、年間パスを買って、夕方涼しくなったら、パソコンも持って行き、ビールでも飲みながら仕事をすることである。たまには横に座った旅人にビールでもごちそうして、無駄話しもしたい。ちなみに「年パス」があれば9月3日まではビールやハイボールが半額になるという。

 この話、実は10数年前に本場の「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」に行ったときの思い出からである。古きアメリカのバーを再現した店があり、そこに入ると、横のおっちゃんが、「どこから来てん」(もちろん英語で)と聞かれ、「オーサカ・ジャパンやん」(もちろん英語で)で答えると、ビールを1杯おごってくれた経験があるからだ。いつか誰かにお返ししたいと思っている。

 そして最後にひと言、入場した後、価格は何種類かあるが、待ち時間を短縮させてくれる「ユニバーサル・エクスプレス・パス」というチケットが販売されている。東京のは「ファストパス」という無料予約券のようなものがあるが、大阪はお金で時間が買えるのだ!

[ 2017年8月8日 12:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月12日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル