PR:

vol.7 アナログ派、大阪天満に大集合!!

東洋ショー劇場の看板
Photo By スポニチ

 アナログ盤のレコードが売れ、それを聞くためのプレーヤーも売れていることを知っているか! その数、この10年で10倍。音楽業界ではこの10年、CDなどの売上が激減、配信を含めて横ばいだと言う。しかしアメリカでも日本同様にレコード盤の販売数は10年連続で増えつづけており、今やアルバム全体の5%を占める。

 ところで30年前近くだろうか、家庭用ビデオが販売されはじめた頃、街の小さな電気屋を訪ねると「お兄ちゃん、ええビデオをおまけに付けるで」と怪しい誘いがあった事がある。「ええビデオ」と言えばもちろんアダルトビデオである。

 また当時ニューヨークに行った友だちはタイムズスクエアの土産物屋で「シャチョーさん、ノープロブレムよ」と言って、ニューヨークの夜景写真のケースに入れられたアメリカンなビデオを持って帰ってきていた。昔はそういう類のものは苦労の末、手に入れたものだった。

 それが今やインターネットを通して、世界中のネットワークにログインができるので、アレやコレや、あそこもここも見ることができるようになってきた。スマホでもパソコンでも何でもオッケーだ。デジタルの特性の通り、いつでもどこでも誰でも見ようとすれば見ることができるようになってきた。

 しかし、先に書いたように、時代はアナログ回帰である。レコード盤に針をそろっと乗せるように、傷を付けないように大事にやさしく扱うのがアナログの特性である。

 と言うことで、アナログの雄と言えば、私にすれば「ストリップ劇場」である。映画館で4Dと言う、耳と目だけで視聴するものだけではなく、そこに座席の振動や風、霧、香り、雨を楽しむ作品も出てきたが、それよりも進んでいるリアリティーはやはり3Dなのである! そう「ストリップ」が最高である。元本保証する!

 先日、久しぶりに大阪天満駅徒歩5分の「東洋ショー」に行ってきた。入場料は3000円。早朝割引で行くと3000円で撮影券<500円相当>が付いてくる。この券があれば、お気に入りのダンサーと一緒に写真を撮ったり、自分好みのポーズを取ってもらったものを撮影できたりする。

 1ステージは2時間15分。その間ノンストップでダンサーが舞台を熱くする。イヤお客さんを熱くする。

 その日、ステージに全員が同じアイドル風の衣装で並んで踊って出てきた時には、「ちょっと似合ってないよぉ」とうつむいてしまった。しかしそれは大きな大きな間違いだった。数年前に見た時より音響も照明も格段にアップしており、彼女たちの踊りは夢心地溢れる天国にいざなってくれた。

 それはダンサーの個性のぶつかり合いである。その後、彼女たちが舞台に出てきた姿を見ると、先の印象が全てブッ飛んだ。

 しっかりとクラシックバレエで体を鍛えた子のキレッキレなダンス。浴衣姿から最後はもちろんあられもない姿になるのだが、花火を見上げながら踊る姿に憂いが溢れる子。アフリカンな衣装で最初から最後まで跳躍しながらグングンと前に出てくるアグレッシブ女子。飛び散る汗もカッコいい!

 しかも彼女たちの明るさは素晴らしい! よしもとの舞台と一緒だ。舞台と客席が一体化して素晴らしいショーが繰り広げられる。

 「あられもない姿」と聞いて何を想像されるだろうか? そこはお任せする。心も体もオープンにし、客席と一体化する。見終わった時の爽快感はどこから来たのか? 暗くて淫靡(いんび)なものは見つからない。安くて明るく楽しいハダカ、これぞ大阪名物である。

 ところでここのシステムでお薦めは、一度入場しても窓口で申請すれば外出も可能だ。今回も1ステージ見終わって天満駅界隈で2軒はしごして、友人と合流して再入場した。終演は23時だが、21時45分以降の入場はなんと2000円になる。合流した友人は2000円で思い切り楽しんでいた。

 もちろん私も記念写真を撮ってみた。プログラムは10日ごとに変わる。当分は止められなくなってしまった。ライブが一番、リアルが一番なのだ。

◆東洋ショー劇場 〒530−0033 大阪市北区池田町11の1(電)06(6358)0370

[ 2017年7月17日 12:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月12日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル