PR:

vol.6 SNSの良いところ、悪いところ、松居一代のすごいところ

 そもそもスマートホン(以下スマホ)の利用目的は「メール」と「電話」が主だったものだが、それに続くのが、SNSのメッセージアプリやチャットアプリだ。

 最近の若い衆は、目の前にいる仲間や家族にも、直接声を掛けずにSNSのアプリを使って文字やスタンプ、写真などでコミュニケーションを取っているという。

 吉本興業時代の後輩に話を聞くと、社内を見渡たすと、社内で電話を掛けているものがほとんどいなくなったという。チケットの団体営業の担当者などはまだまだ電話とファクスを活用し旅行社などを相手に営業作業を行っているそうだが、他の制作や管理部門などの大勢は電話で話さず、パソコンかスマホを使って仕事をこなしているようだ。確かに文字だけのやり取りではなく写真や表などのファイルのやり取りもできる。複数の人間やまた全国各地の人たちとも同時にやり取りができる便利なものだからだ。

 あとスマホの使い方の上位を調べると「検索エンジン」が出て来る。私もテレビでオモロイ漫才師を見て、どこの事務所の所属なのか分からない時があり、略歴なども簡単に調べられる。そのついでにその芸人のテレビや劇場の出演予定も調べられる。またその芸人の劇場出番の前売り券も購入できる。過去の舞台やテレビ番組がDVDになって発売されていたらそれも購入できる。気に入った芸人やタレントだったらSNSで直接繋がって、テレビやラジオでは話していないようなホットな情報が誰よりも早く手に入ったりもする。その他、ゲームやニュースアプリ、レストランガイド、電子書籍(漫画)などがそれに続く。

 あとの機能で便利なものは何と言っても動画も写真も撮れることだ。そしてその撮影が済んだ写真や画像をそのままSNSに乗せ、全日本、全世界に発信できるのである。そして今それを最大限に利用しているのが大人気のユーチューバー(?)とも言える松居一代さんだ。動画を見ていると誰か達者な人が手伝っているとは思えるが、さすが女優さん、ノーメイクとは言え、キリッとした顔立ちで、言葉をかみしめて噛まずに一気に話す。ある回のものを見ていた私は彼女の訴えを聞き、自分も家族の一員だったかと勘違いするほどの説得力があった。

 ただ、現状では彼女が一方的に相手を名指しで誹謗中傷していることもあり、加えて、テレビがそのユーチューブの動画をそのまま、何度も何度も流すものだから、常識の範囲外の物は削除されている。と言ってもデジタルの世界では一旦巷に出たものは消そうとしても消し去ることはできない。それは「ウェブ魚拓」と言われ、出た途端にそのデータは保存され、必要不必要に関わらず、どこかから勝手にアップロードされるのである。書き間違いや失言、修正などを一旦上げてしまった後に急いで削除したところで、実際にはそのデータは魚つりの「魚拓」のように写し取って残されるのである。興味ある人はキーワードを色々と入れ替えながらネットサーフィン、若しくはネットダイビングをしてみればいい。

 いわゆる公式サイトから消えたものが非公式サイトで蘇ってくるのである。そしてその中には削除されたものも含めて1本の短編に編集されてる作品があったり、全セリフを文字起こししてくれているものもある。余計なことと言えばそれまでだが、おせっかいな人が山ほどいるのもこのデジタルの世界である。

 さてさて、表現の自由は憲法で保証されているとは言え、度の越えた一方的な言い分をユーチューブに上がったものをあんなにも簡単にテレビで放送していることには違和感を覚える。出演費もいらないし制作費もいらない。ユーチューブを繰り返し放送するだけだ。何なら局員は毎日新しいユーチューブ作品ができてくるのを待っているのではないだろうか? もっとテレビにしかできない特性あふれる番組作りを望むところである。

 ちなみにユーチューブでは、傍らに置かれたきゅうりを見て飛び上がる猫の動画は1600万回以上視聴され、かわいい赤ちゃんの動画は3900万視聴だ。これらは全世界を相手にした画像だが、そういう中で見ると松居一代さんのは数百万の視聴があるのはなかなか優秀だ。日本国内に限ったコンテンツであるのに、本当に健闘している。ただ私はユーチューブはパソコンやスマホで済ますことができるので、テレビはより独特のものになって欲しいものだ。

[ 2017年7月17日 12:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月14日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル