PR:

【1980年4月】不思議なピーチパイ/衣装困った竹内まりや バックコーラスにあの人が

竹内まりや初のヒット曲となった「不思議なピーチパイ」
Photo By スポニチ

 ★80年4月ランキング★
1 ランナウェイ/シャネルズ
2 贈る言葉/海援隊
3 不思議なピーチパイ/竹内まりや
4 唇よ、熱く君を語れ/渡辺真知子
5 蜃気楼/クリスタル・キング
6 謝肉祭/山口百恵
7 道化師のソネット/さだまさし
8 Hey Lady 優しくなれるかい/庄野真代
9 愛の園/西城秀樹
10 倖せさがして/五木ひろし
注目「ヒゲ」のテーマ/たかしまあきひこ&エレクトリックシェーバーズ
※ランキングは当時のレコード売り上げ、有線放送、ラジオ、テレビのベストテン番組などの順位を参考に、話題性を加味してスポニチアネックスが独自に決定。

【不思議なピーチパイ/竹内まりや】
 慶大在学中にデビューした竹内まりやの4枚目シングル。資生堂の春の新作化粧品キャンペーンソングとして80年2月からテレビなどでCMが流れ大ヒット。大学生を中心にした人気から、一気に大衆にも広く認知されるようになった。レコード売り上げは37万枚を記録した。作詞は安井かずみ、作曲は加藤和彦の夫妻。

 TBS「ザ・ベストテン」では3月20日にスポットライトで出演すると、翌週10位でランクイン。最高3位で8週10位以内に残った。曲が売れたことにより、テレビ出演が急増。過労でダウンし入院までした。

 春の雰囲気を出すために、ピンク系の衣装を着て音楽番組に出演していたが、数が間に合わず、自前のものを総動員しても同じものを着て出演せざるを得ず困ったことも後に告白している。

 デビューは78年11月。「戻っておいで・私の時間」は老舗百貨店「伊勢丹」のCMソングに採用され、79年には日本レコード大賞をはじめ、各音楽祭で新人賞にノミネートされたが、80年代に大ブレークする杏里とともに常に候補止まり。最優秀新人賞は「私のハートはストップモーション」を歌った桑江知子が受賞するケースが多かった。

 学生時代からファンで、まりやのデビューに大きな影響を与えた夫の山下達郎(82年結婚)とは、同じレコード会社でデビューアルバム「ビギニング」に曲を提供したことが縁で親交を深めた。「不思議な…」のレコーディングにも参加し、バックコーラスを務め、80年代後半からミリオンセラーを連発した竹内のアルバムの原点はここにあった。

[ 2011年4月7日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:04月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル