サブカテゴリー

2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」

「八重の桜」平均視聴率は14・6% 大河史上4番目の低さ

9月、「八重の桜」の撮影が終了し、花束を手に涙を流す綾瀬はるか

 綾瀬はるか(28)主演の2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」(日曜後8・00)の最終回が15日に放送され、平均視聴率が16・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

 初回21・4%でスタートし、第5話までは18%を超えていたが、第6話に一気に15%台に落ち、第10話には12・6%で初めて15%を割り込んだ。その後、第14話からは11%台から16%を上下。裏番組で放送されたプロ野球・日本シリーズの影響もあり、第44話で10・0%と最低を記録。その後はやや戻し、12〜13%台で推移し、最終回で前回より4ポイントUPした。

 全50話の平均は14・6%。大河ドラマ第52作目だったが、「平清盛」(2012年)の12・0%、「花の乱」(1994年)の14・1%、「竜馬がゆく」(1968年)14・5%に続く、過去4番目の低さとなった。関西地区は13・7%で、ドラマの前半の舞台となった福島地区は23・2%。

 会津藩(現在の福島県)の出身で、戊辰(ぼしん)戦争では銃を持って戦い、“幕末のジャンヌダルク”と呼ばれ、のちに同志社大学を創設した新島襄の妻となる山本八重(1845〜1932)の波乱に満ちた生涯を描く物語。時代の変化にも臆することなく、激動の幕末を勇ましくしなやかに生き抜いた八重を大河ドラマ初出演の綾瀬が演じた。東日本大震災を受け、被災地の復興を支援するドラマとして企画されたもので、幕末史はこれまで表立って語られなかった敗者から見た維新の物語として描かれている。

 綾瀬のほかに、八重の兄で、襄と八重のキューピットとなる山本覚馬を演じる西島秀俊(42)、八重の1人目の夫・川崎尚之助を演じる長谷川博己(36)、新島役のオダギリジョー(36)をはじめ、及川光博(43)、高嶋政宏(47)、生瀬勝久(52)、綾野剛(31)、玉山鉄二(33)ら豪華な面々が出演。

 「いつの日も花は咲く」と題された最終回は、1894年、八重は篤志従軍看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の負傷兵たちを看護していた。院内ではコレラや赤痢などが発生し危険な状況の中、八重は感染にひるむことなく勇敢に看護に従事、若い看護婦たちを見事に統率する。そして、1896年、母・佐久(風吹ジュン・61)がこの世を去った。その年、広島での看護の功績が称えれ、皇族以外の女性では初となる宝冠章を受賞。しかし、戦いのない世を願う八重は晴れない気持ちを抱いたまま故郷・会津へと帰郷。そこで、八重は思いがけない人物と再会し…という展開だった。

[ 2013年12月16日 ]

Webtools & Bookmarks

NHKドラマ 【大河ドラマ】 2014年「軍師官兵衛」 2015年「花燃ゆ」
歴代作品2000年〜2011年 2011年「江」 2012年「平清盛」 2013年「八重の桜」
NHK連続テレビ小説 2014年 前半 2013年 後半 前半 2012年後半 前半 〜2011年
その他のNHKドラマ

放送年月日

2013年1月6日〜12月<予定>(日曜後8・00) 

出演

綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川博己、剛力彩芽、黒木メイサ、玉山鉄二、長谷川京子、工藤阿須加、小泉孝太郎、吉川晃司、オダギリジョー、及川光博、松方弘樹、小栗旬、奥田瑛二、高嶋正宏 ほか

脚本 山本むつみ
テーマ音楽 坂本龍一
音楽 中島ノブユキ

 【エピソード】大河ドラマ第52作目。東日本大震災の被災地となった福島県を舞台に、同志社大を創設した新島襄の妻・八重(1845〜1932)の生涯を描く。八重は会津藩士の家に生まれ、戊辰戦争では会津籠城に参加し、自ら銃を取って戦ったと言われ、その豪傑ぶりは「幕末のジャンヌ・ダルク」とも呼ばれ、日清、日露戦争では「日本のナイチンゲール」と呼ばれた女性。 主人公の新島八重を演じたのは大河初出演の綾瀬はるか。新島襄役は「新選組!」(04年)以来の大河出演となるオダギリジョー。新島と八重を出会わせるピューピットとなった八重の兄・山本覚馬は「毛利元就」(97年)に続く、2度目の大河出演となる西島秀俊が演じた。また、八重のライバルとなる中野竹子役は産後復帰作となる黒木メイサが務めたことなどでも話題となった。初回は21・4%、第2話は18・8%、第3話は18・1%、第4話は18・2%、第5話は18・1%、第6話は15・3%、第7話は17・5%、第8話は15・6%、第9話は15・1%、第10話は12・6%、第11話は14・3%、第12話は13・9%、第13話は14・3%、第14話は11・7%、第15話は14・2%、第16話は13・8%、第17話は13・7%、第18話は15・7%、第19話は15・0%、第20話は13・7%、第21話は14・1%、第22話は13・3%、第23話は15・0%、第24話は14・8%、第25話は12・9%、第26話は14・0%、第27話は12・9話、第28話は16・6%、第29話は14・5%、第30話は12・6%、第31話は15・4%、第32話13・9%、第33話は15・9%、第34話は13・4%、第35話は14・2%、第36話は15・4%、第37話は15・0%、第38話は11・9%、第39話は13・3%、第40話は12・4%、第41話は12・4%、第42話は14・8%、第43話は11・5%、第44話は10・0%、第45話は12・8%、第46話は13・7%、第47話は13・7%、第48話は13・7%、第49話は12・2%、最終回は16・6%で、全50話の平均は14・6%だった。


※全話平均は加重平均。単純平均とは異なります。視聴率は関東地区のもの。

 

 

バックナンバー

写真

人気ニュースランキング

    ※集計期間:

    » 続き

    【楽天】オススメアイテム
    クイックアクセス

    芸能情報

    タレント

    ランキング

    コラム&情報

    アイドル

    スペシャルコンテンツ