在阪民放アナのリレーコラム「アナランド」

MBS 森本尚太アナウンサー 小学生の頃、大会に出ていた将棋に…再びハマる

賞状と羽生善治永世七冠直筆「一意専心」の扇子を手にしたMBS森本尚太アナウンサー
Photo By スポニチ

 MBS・森本尚太アナウンサー(25)が4月でアナ歴4年目に突入する。子供の頃にラジオで野球実況を聞いて「映像なしで伝えられるのは凄い」とスポーツアナを目指し、なんとかその夢をかなえた。昨春、第89回選抜高校野球1回戦、報徳学園対多治見戦で初実況。今冬の花園での高校ラグビーで、野球以外のスポーツの面白さも知った。着実にスポーツアナの道を進む森本尚アナ。今、仕事以外で大いにはまっているのが将棋だ。

 将棋を始めたのは「藤井聡太四段の影響ではありません。その前から」と笑う。同居していた祖父の影響で小学2年で初めて駒を持ち、4年の頃に祖父に勝ってから大会に出場し始めた。5年時に埼玉・羽生市の「羽生記念少年少女王将戦」で3位。だが、その頃から始めた野球にどっぷりはまった。将棋に関しては詰め将棋をする程度になった。それから10年ほど経てアナウンサーになって、社内の将棋好きに誘われて再開。本やテレビで勉強し、日本将棋連盟のスマホアプリ「将棋ウォーズ」を利用してオンラインで他流試合を重ねた。そこで「アマ1級」の評価を受けた。「趣味は将棋です」と胸を張って言うためにも「本気で初段を目指しています」と森本尚アナは語った。

 将来の夢を「大盤解説でアシスタント」「棋士の方とラジオ番組を」と掲げる。いや、その前に野球、ラグビーなどスポーツ実況を一人前にこなすことではあるが…。(古野 公喜)

 ◆森本 尚太(もりもと・しょうた)1992年9月26日、埼玉県羽生市生まれの25歳。不動岡高から同大経済学部を経て2015年4月にMBSに入社。スポーツを担当。第89回選抜でテレビで初実況した。高校時代は野球部で外野手。将棋はアマ1級の腕前。

[ 2018年1月29日 12:40 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:02月26日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル