PR:

“静かで熱い”若手杜氏が目指す「淡麗旨口」

関西ではまだなかなかお目にかかれない越の鶴。購入希望の方は蔵へご連絡ください
Photo By スポニチ

 新潟といえば、お米を生かした上品タイプが多い…その中にあって最近では色々な個性を持つ蔵も増えてきたと聞き、行ってまいりました。

 新潟県長岡市は全国で2番目に酒蔵が多い街。栃尾地区にある「越銘醸」を訪ねます。山間ののどかな場所で、昔は酒蔵だけでなくみそ・しょうゆ蔵も軒を連ねた発酵の街。迎えてくださったのは杜氏の浅野宏文さん。

 杜氏としては6年目の浅野さん。「若いとはいえ、なんだかんだであと30回くらいしか酒を仕込めません。自分にやれることは何でもやってみたいんです」

 若手蔵人とともに新しく「山城屋」というブランドも立ち上げました。「うちは淡麗旨口を目指しています。醪(もろみ)の温度を低く保ち、じっくり造るなど工夫をして、淡麗旨口に仕上げるんです」

 淡麗辛口の印象が強い新潟酒の中では新鮮な響き!

 温度を低く管理し、もっとしぼることができるのにきれいな酒を目指すため、あえてしぼり切らないぜいたくな造り。吟醸酵母を用いながらもしっかりしたつきはぜ麹(こうじ)にすることで力強さも感じられます。

 純米酒「こしのつる」をいただきます。ほんのり青みを感じる甘味はマスクメロンのよう!柑橘系の爽やかさも追いかけてきて…淡麗旨口最高です!

 「今年初めて生?(きもと)にもチャレンジしているんです」。いとおしげに(もろみを発酵させるもとになる)?を見つめる浅野さん。静かながらも熱い姿勢…淡麗旨口、ぴったりお似合いです。

 ◇越銘醸 新潟県長岡市栃尾大町2の8。(電)0258(52)3667。

 ◆前田 阿希子 三重県出身。立命大卒。2006年毎日放送入社。テレビは「せやねん!」「ちちんぷいぷい」金曜日。ラジオは「上泉雄一のええなぁ!」月曜日などを担当。

[ 2017年4月13日 10:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月11日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル