PR:

杉咲花、連ドラ初主演!「花男」続編で平野紫耀&中川大志と新たな伝説つくる

TBSドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」で連ドラ初主演を務める杉咲花
Photo By 提供写真

 女優の杉咲花(20)が4月のTBSドラマで連ドラ初主演を飾る。大ヒットした学園ドラマシリーズ「花より男子」の続編にあたる「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(火曜後10・00)で、杉咲は「素敵なチャンスをいただけて本当にうれしい」と笑顔。共演は今春CDデビューが決まった「King&Prince」の平野紫耀(20)と、人気急上昇中の俳優・中川大志(19)。次世代を担う3人が学園ドラマの新たな伝説をつくる。

 ドラマは“花男”から10年後。杉咲演じるヒロインの江戸川音は前シリーズの舞台となった英徳学園高等部に通う。中川が演じるのは音の許嫁(いいなずけ)の馳天馬(はせ・てんま)。ライバル校・桃乃園学院の生徒会長だ。その天馬にライバル心を燃やすのが音の同級生の神楽木晴(かぐらぎ・はると)で、平野が演じる。晴は“花男”で嵐の松本潤(34)が演じた道明寺に憧れているが、実際は“ヘタレ男子”という設定だ。

 3人ともまさに“花男”を見て育った世代だけに、今回の出演に興奮を隠しきれない。杉咲は「原作を読んで大好きになった音ちゃんを大切に演じていきたい」と誓えば、平野は「まさか続編に出演させていただくとは…。先輩の松本潤くんの名に恥じぬよう精いっぱい演じたい」と気合十分。中川は「仲の良い親と唯一ケンカしたのは、親が“花男”の最終回を録画し忘れた時でした。この続編を同世代で作れる時が来たなんて信じられない」と声を弾ませた。

 ▼ドラマ「花より男子」 人気マンガを原作に庶民のヒロインと財閥御曹司の恋を描いた。井上真央(31)主演で05年10月にスタートし、共演の松本潤、小栗旬(35)、松田翔太(32)らの出世作にもなった。07年1月にパート2放送。08年6月公開の劇場版は興収77億円を記録。韓国や中国でもドラマ化された。

[ 2018年1月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:02月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル