PR:

キムタク、ボディーガード役 自身も依頼経験あり「リアリティーどう描くか」

木村拓哉が演じた主な役柄
Photo By スポニチ

 元SMAPの木村拓哉(44)が、来年1月にスタートするテレビ朝日の連続ドラマ「BG〜身辺警護人〜(仮)」(木曜後9・00)に主演し、ボディーガード役に初挑戦する。

 同作はオリジナル作品。主人公は民間警備会社のボディーガードとして働く男。ある出来事をきっかけに工事現場の警備員になっていたが、ボディーガードに復帰。同僚や警視庁のセキュリティーポリス(SP)、依頼人らの思惑が交錯する中、任務を遂行していく姿を描く。

 木村はこれまで主演ドラマで美容師、検事、パイロットなどさまざまな役柄に挑戦。その職業の志望者が直後に急増するなど、社会現象を起こしてきた。今回のボディーガードは公的組織のSPと違い、殺傷能力の高い武器を持てず、反撃することもできないが、命懸けで依頼人を守り抜く。ストイックで献身的な新ヒーロー像として注目を集めそうだ。

 ボディーガードという題材について、木村は「なるほど、そうきたか!という意外性がありました」と語る。自身が依頼する機会もあり「何も起きないことが100点満点」の仕事と知っているだけに、「このリアリティーをドラマでどのように描いていくのか…非常に難しいところだと思うので、意外性を感じました」と明かす。

 12月上旬にクランクイン。今後、ボディーガードについての研修を受けるなどして役作りする。「普通に暮らしている人たちには遠い存在、無関係な世界と思いがちかもしれませんが、決して特別な存在なわけではないということを、伝えられたら」としている。

[ 2017年10月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月19日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル