PR:

中村太地が初タイトル獲得 王座戦 羽生は1冠に後退

中村太地六段
Photo By 共同

 将棋の第65期王座戦5番勝負の第4局は11日、横浜市で指され、挑戦者で後手の中村太地六段(29)が80手で羽生善治王座(47)を破り、対戦成績3勝1敗で初タイトルとなる王座を獲得した。

 羽生前王座は8月の王位に続く失冠となり、棋聖の1冠に後退した。タイトル保持が一つとなるのは2004年以来。

 中村新王座は東京都出身。故米長邦雄永世棋聖門下で、06年にプロ入り。11年度に年間勝率で1位となった実績がある。今シリーズが3度目のタイトル挑戦だった。規定により、11日付で七段に昇段した。

 羽生前王座は前人未到のタイトル獲得通算100期まであと2に迫っているが、年内の達成はなくなった。一方、20日開幕の竜王戦7番勝負では挑戦者に決まっており、初の永世7冠を目指す。

[ 2017年10月11日 20:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル