PR:

鈴木砂羽“パワハラ騒動”全面否定 降板女優側は強硬姿勢、差し止め示唆

初舞台を終えた鈴木砂羽は役者2人の降板について涙ぐむ
Photo By スポニチ

 女優の鈴木砂羽(44)が主演、初演出する舞台「結婚の条件」が13日、東京・新宿シアターモリエールで開幕した。直前に女優の鳳恵弥(えみ、36)、牧野美千子(52)が降板。鈴木によるパワハラをその理由としていたが、鈴木は全面否定した。

 鈴木は終演後に劇場前で「人格や尊厳をめちゃくちゃにする罵声を浴びせた事実はありません」とキッパリ。2人の所属事務所が「人道にもとる数々の行為があった」と鈴木を非難しているが、真っ向から否定した。「演出家としてコミュニケーションを取っていた。ダメ出しはみんなにしていた」と、あくまで稽古の範囲内でのやりとりと主張。「代役の方も頑張ってくれた」と幕が開いたことにホッとした様子で、「やっぱりお芝居が好きです」と目を潤ませた。

 女優側が土下座謝罪を強要されたと主張しているのは、9日の稽古。女優2人と、同公演の劇団を主宰する脚本家の江頭美智留氏の間で、稽古の終了時間に食い違いがあったため、2回目の通し稽古ができなくなった。

 取材に応じた江頭氏のマネジャーも、この時に土下座謝罪があったことを否定。女優2人と事務所の主張がうそであるとした。

 マネジャーによれば、降板決定後、2人の事務所側から江頭氏には「公演を中止にするか、“鈴木さんのパワハラによる降板”と公式発表してほしい」と要望があり、江頭氏は断った。その際に事務所側からは「差し止めしますよ」という言葉もあったという。

 マネジャーは「今回は江頭が鈴木さんに演出をお願いした舞台。江頭だけならいいが、鈴木さんに迷惑がかかるのならば、法的手段を取る可能性もゼロではない」とした。

[ 2017年9月14日 08:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月21日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル