PR:

「カンナさーん!」第9話で4週ぶり2桁回復 斉藤由貴が母親役出演

「カンナさーん!」に出演する斉藤由貴(左)と渡辺直美
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの渡辺直美(29)が主演を務めるTBS「カンナさーん!」(火曜後10・00)の第9話が12日に放送され、平均視聴率は10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。4週ぶりの2桁回復で、前回から2・2ポイントの大幅アップとなった。

 「火曜ドラマ」枠の初回の従来の最高である前クールの「あなたのことはそれほど」(波瑠主演)の11・1%を上回って初回は12・0%でスタート。第2話12・6%、第3話10・1%と3週連続で2桁を獲得するも、第4話で9・3%。第5話10・2%と再び2桁回復するも、その後は第6話9・7%、第7話9・2%、第8話7・9%と1桁に留まっていたが、第9話で1カ月ぶりに2桁を回復。次週の最終回(19日放送)に向けて、再び上昇した。

 原作は2001〜07年に漫画誌「YOU」(集英社)で連載された深谷かほる氏の同名漫画。ゲスな夫・礼(要潤)に浮気をされ、理不尽な上司に悩まされるも、愛息のために前向きに毎日を生きる服飾デザイナー、カンナ(渡辺直美)の奮闘をハートフルに描く。渡辺のゴールデン・プライムタイムのドラマ主演は初。50代男性医師との不倫騒動で注目されている女優の斉藤由貴(50)が要演じる礼の母親役で出演していることでも話題となっている。

 共演は山口紗弥加(37)工藤阿須加(25)トリンドル玲奈(25)泉里香(28)ら。「ブスの瞳に恋してる」「山田太郎ものがたり」などの脚本を手掛けた俳優のマギー(45)が台本を担当。演出は「砂の塔〜知りすぎた隣人」などの平野俊一氏ほか。主題歌は歌手・AI(35)と渡辺によるデュエットソング「キラキラ feat.カンナ」。

 第9話は、ブランドの閉鎖が決まり、カンナ(渡辺直美)が退社を決意する一方、翔子(トリンドル玲奈)も今後に悩んでいた。社内の別ブランドへの異動が決まった美香(山口紗弥加)は、2人に自分の部署で2人をデザイナーとして雇えるよう掛け合うから結論を出すのを待ってほしいという。美香は人事部長からカンナと翔子でコンペをしてどちらか1人をデザイナーとして呼んでいいという約束を取り付けた。カンナはモデル休業中の俊子(泉里香)を巻き込み、コンペに向けて動き出し…という展開だった。

 いよいよ次回に最終回を迎える。

[ 2017年9月13日 10:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月24日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル