PR:

須藤凜々花 涙なし“らしく”卒業 最後まで独特「これからは友達に」

卒業公演の自己紹介で最後の“エンジェル・ビーム”を放つ須藤凜々花
Photo By スポニチ

 NMB48の須藤凜々花(20)の卒業公演が30日、大阪市のNMB48劇場で行われた。「全然実感が湧かない。最後まで一緒にいてくれて本当にありがとう。これからは友達になってください」と独特の言い回しであいさつ。涙なしの卒業となった。

 自分自身がアイドルだと思った瞬間は「握手会で下ネタを話してたらスタッフに止められた時」と笑わせた。6月の総選挙での突然の結婚宣言や下ネタ。アイドルらしからぬ言動が続いた須藤に、林萌々香(18)から「爆弾発言には気をつけて」とくぎをさされる場面もあった。

 この日の締めのセリフは「渋谷で待ってるぜ!」。卒業後初仕事となる31日のインターネットラジオ「渋谷WREP学園」生放送出演をPRし、最後まで“りりぽんワールド”サク裂だった。

 須藤はドラフト1期生として2014年にお披露目。今年の結婚宣言後の会見では一般男性からプロポーズを受けたことを明言したが、卒業後は芸能活動を続ける。将来的には大学進学やドイツ留学の夢も語っている。

[ 2017年8月31日 09:46 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:04月21日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル