PR:

松本人志 乙武氏提訴の元妻に謝罪 ワイドナ契機「心痛い 個人的には申し訳ない」

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(53)が13日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。同番組にコメンテーターとして度々出演していた作家の乙武洋匡氏(41)が、昨年9月に離婚した元妻から提訴された件について言及した。同番組が提訴のきっかけになったという報道に「奥さんが『ワイドナショー』を見て、嫌な思いをされたんだったとすれば、個人的には全然、申し訳ないと言っていいと思うんです」と謝罪した。

 今月9日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報道。乙武氏は昨年3月に5人との不倫を報じられ、離婚に至った。同誌によると、乙武氏が昨年11月27日の「ワイドナショー」にVTR出演したことをきっかけに、元夫人は精神的損害の賠償などを求め、今月4日、東京地裁に提訴したという。

 乙武氏は約9カ月ぶりの地上波登場となったこのVTR出演時、離婚の理由について「私のしでかしたこと自体は妻もずっと前から知っていたことなので、それ自体というのは特に2人の間で揉め事になることはなかった」と不倫が最大の要因ではないとした。しかし、同誌によると、元妻はこの“不倫を容認していた”かのような発言に深く傷ついたという。また、乙武氏は離婚の経緯について一切他言しない取り決めをした「守秘義務契約」を破ったことになり、その内容に虚偽があるという。

 番組中の乙武氏の発言が提訴のきっかけになったという報道に、松本は「奥さんが『ワイドナショー』を見て、嫌な思いをされたんだったとすれば、こっちとしては何かちょっと心痛いというか。そうですね、僕、個人的には全然、申し訳ないと言っていいと思うんです」と謝罪した。

 「ただ、番組として、じゃあ、申し訳ないと言うほどの番組だったのかというと、僕はそれ、ちょっと違うかなとは思うんです。(昨年11月の乙武氏自宅訪問ロケは)われわれはやっぱり、乙武さんを励ましに、ただただ行きたかっただけなので」と続け、ロケの主旨を説明して理解を求めた。

 最後は「あまりこれ以上、言っちゃうとね。僕たちが望むのは結局これ以上、誰も傷つけたくないということですからね。これはもう、われわれはこれ以上、口出しできない」と締めくくった。

[ 2017年8月13日 10:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月15日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル