PR:

鶴瓶、豪メルボルンで「蛭子さんでしょ?」人違いに不満たらたら

アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の舞台あいさつに出席した(左から)芦田愛菜、笑福亭鶴瓶、松山ケンイチ
Photo By スポニチ

 笑福亭鶴瓶(65)、松山ケンイチ(32)、芦田愛菜(13)らが22日、日本語吹き替え版の声優を務めた米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の公開記念舞台あいさつを東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行った。

 シリーズ3作目で、主人公のグルーを担当している鶴瓶は「ずっとミニオンに(おいしいところを)取られてムカついていたけれど、ようやくグルーをやらせてもらって良かったと思ったわ」と納得の表情。宿敵バルタザール役で新たに参加した松山も、「もともとファンなので、グルーの声は鶴瓶さんしか考えられない。声や演技の強さにすごくひかれる」と大絶賛し、鶴瓶は細い目をさらに細めた。

 だが、グルーの双子の兄ドルー役でこちらも新たに加わった生瀬勝久(56)に、「事務所の社長にあんまりうまくないって言われていましたよね」と暴露されるとムッとした表情。「もともと芝居は上手じゃないですって。身内やで。これからドラマも入るのに、自信なくすわ。声優はもうグルーだけでええわ」と怒りをぶちまけた。

 タイトルにちなんだ「大脱走」をテーマにしたトークでは、先日、落語会などのために豪州・メルボルンを初めて訪れたことを明かし、「すごく、ええ街ですわ。もういっぺん行きたい」と笑顔。しかし、「日本人に写真撮ってくださいって言われて撮ったけれど。“蛭子さんでしょ?”やて。45年やっていて、蛭子能収に間違われるなんて」と不満たらたらだった。

 芦田は、「水泳が苦手なので、プールの授業から脱走したい。補習に呼ばれているので25メートル完泳できるまで頑張りたい」と告白。松山は、「仕事がありますし、家族もいるので、とりあえず脱走したいところはないっすね」と現実的なコメントで笑わせた。

 舞台あいさつにはほかに中島美嘉(34)、いとうあさこ(47)、須藤祐実(29)、矢島晶子(50)が登壇した。

[ 2017年7月22日 13:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月20日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル