PR:

米倉涼子主演「ドクターX」10月から第5シリーズ放送、世界配信も決定

主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」新シリーズのPR番組の収録のため米ロサンゼルスを訪れた米倉涼子。サンタモニカのビーチで笑顔を見せる
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(41)が主演するテレビ朝日の人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)の第5シリーズが10月から放送される。米倉がPR番組の収録のため滞在中の米ロサンゼルスで17日(日本時間18日)、発表した。シリーズ全作が世界配信されることも明かし、“世界の大門未知子”となることに「I never fail(私、失敗しないので)」と意気込んだ。

 ニューヨークで13日まで5年ぶりにブロードウェーミュージカル「シカゴ」に主演し、休む間もなくロサンゼルスに移動。大舞台を終えた米倉は「ひと山越えた感じはしています」とリラックスした表情を見せ、「また新しい大門未知子シリーズを作り上げていきたい」と決意を語った。

 同作は2012年に始まり、孤高の天才外科医・大門未知子が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる医療ドラマ。シリーズごとに高視聴率を記録し人気だが、毎回「これが最後」と臨んでいる。「ずっと(視聴率が)いいわけではないと思うので、不安の方が大きい」と率直な心境を吐露。それでも、8月末から始まる撮影で岸部一徳(70)や西田敏行(69)らレギュラー陣が再結集することに「シカゴもファミリー感があるけど、ドクターXもファミリー感が強い。戻ればあったかいイメージがある」と楽しみにしている。

 スタートから5年の節目にあたり、9月から北米や南米、欧州など日本を除く200以上の国・地域で全シリーズを配信することが決定。タイトルは「DoctorX」で、英語字幕を付ける。世界規模の配信は同局のドラマ史上初。新シリーズも10月中旬以降に配信する。“世界の大門未知子”となることに「うれしいですね。世界中の方に見ていただきたい」と大喜び。一方で海外での反応には「怖いですね。“日本のドラマはちゃちだな”とか言われたらどうしよう」とおちゃめに話した。

 前シリーズではニューヨークでロケし、決めぜりふ「私、失敗しないので」の英語バージョン「I never fail」も披露。今後はスペインや台湾でのロケを希望し、各国語での決めぜりふも「全部覚えたい」と意欲。新シリーズに向けて「楽しみにしてください。I never fail」と力強く語った。

[ 2017年7月19日 05:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月21日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル