PR:

亀田興毅氏、1000万円対決に続き 3ケ月でプロボクサー育成企画に挑戦した理由

亀田興毅氏(左)とジョー
Photo By スポニチ

 ボクシング亀田3兄弟の長男で元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(30)が7月9日から無料インターネットテレビ局「Abema TV」で新レギュラー番組「亀田×ジョー プロボクサーへの道」(日曜後10・00、9日初回放送は9・00)を担当することが23日、分かった。先月7日に行われた同局の企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」で、拳を交えた人気YouTuberのジョーを指導し、3ケ月でプロボクサーを目指す企画で、再び世間の注目を集めそうだ。

 2人は先月放送の1000万円企画で対決。ジョーはボクシング経験者とあって3回まで耐えるなど大善戦したが、最後は興毅氏がTKO勝ちした。興毅氏は4試合を戦い、ジョーら挑戦者4人を退け1000万円を死守した。番組視聴数は同局史上最高の1420万を記録。生放送中はアクセスが殺到し、第1試合の開始直前に障害が発生するなど高い関心を集めた。

 今回の企画について興毅氏は「ボクシングをもっと盛り上げたいという僕の思いと、闘った4選手の中で、もともとボクシングが好きだったジョーくんが挑戦したいという思いがうまく合いました」とコメント。ジョーは「(1000万円企画は)ボクシングを少しでもやった者にとって夢の舞台だったので必死にやりました。ネット上の反響も凄くて、必死にやったら視聴者さんに伝わるものがあるのだなと感じた。重圧はあるが、是非挑戦したいと思った」と語った。

 興毅氏は初対面時のジョーについて「変なヤツだなと思った」が、試合後には印象が変わったといい「試合中は凄いガッツだった。その後、一緒に食事をする機会があり、YouTube動画を見たら、テーマを持った企画を自分自身で考えていて。変なヤツやなと思ってたけど、そうじゃなくてしっかりしたヤツだった。トレーニングを積めばプロを目指せるじゃないかと思った」と人柄を評した。ジョーが「めっちゃ褒めてくれるじゃないですか!」と喜ぶと「いまはな。これからが大変。逃げ出されたら終わりやから」と冗談を交えて地獄トレを予告した。

 過去には女子のモデルボクサー高野人母美(29=協栄)のトレーナーを務めた。選手ではなくトレーナーとしてボクシングに向き合うことに「面白くないですよ。“亀田がついたのに…”ってなってしまう。自分でやる方が楽ですよ。3ケ月しかありませんし、ここからどうやって身体をつくっていくか、どんなトレーニングを組むかホンマに悩みます」と打ち明けたが「こればっかりはね、ジョーと一緒に頑張りますよ」と企画を引き受けた覚悟を見せる。

 「毎日走って、毎日ジムに通うだけでも練習です。とにかく続けることが大事。日曜日は休みやけど、少しでも身体は動かした方がいい。365日休んだら駄目なんです。人間、毎日続けることって本当に大変。俺もできないときがあった。続けること、それが一番の練習かな」とジョーにアドバイス。金言をもらった“若武者”は「亀田さんはリスクを背負ってこの企画を受けてくれた。絶対に合格したい」と意気込みを語った。

[ 2017年6月23日 22:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月15日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル