PR:

庄司智春 アニサキス8匹との激闘「学会に発表されるレベル」 胃内部は血だらけに…

お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(41)が10日、フジテレビ「ノンストップ!」(月〜金曜前9・50)に出演し、魚介類に多い寄生虫「アニサキス」により引き起こされる食中毒に苦しんだ壮絶な体験談を明かした。

 番組では寄生虫「アニサキス」による食中毒を特集。魚介類に寄生し、これが人の体内に入ると、胃壁などに噛みつくことから激しい腹痛や嘔吐(おうと)などの症状が出る。

 庄司は昨夏、地方ロケで鮭イクラ丼を食した際、夜中に胃に激痛が。「夜中の3時くらいに痛ってえ〜ってなって起きたんですよ。ヤバイヤバイヤバイ。痛い痛い痛い痛い痛い…5分くらいすると治まる。落ち着いたと思って寝るじゃないですか。ちょっとしたらまた痛い痛い。それの繰り返し」と当時の状況を振り返った。

 結局、痛みに耐えかね、その日は眠れず。「腹痛というか胃が痛い。下痢になるなという感じではない」とその痛みを表現した。翌日は夜中まで仕事をしたのち、緊急病院へ向かうも「胃痙攣」と診断され、痛みは治まらなかったという。

 そして、ロケから2日目の朝に別の病院へ。庄司が経緯を説明したところ、医師は「アニサキスがいるかも」と内視鏡で胃の内部を確認。「“ああ、いるね!”って。結構カジュアルな感じで、たくさんいるよって」と、すぐに4匹のアニサキスが確認された。アニサキスは胃壁に刺さるようにおり、胃の中はアニサキスに傷つけられて血だらけ。さらに内視鏡で約10時間をかけて合計8匹のアニサキスを除去した。

 8匹ものアニサキスによる痛みに耐えた庄司に医師は「だいたい1匹でのたうち回って痛いって言ってくるのに、8匹もいてよく我慢できたね」と驚がく。庄司はこの激痛がトラウマになり、生の魚介類が苦手になってしまったことを明かした。

 VTR明け、MCの設楽統(43)は「庄司にも聞いたけど、8匹ってもう学会に発表されるレベルだって」と一言。同局の谷岡慎一アナウンサー(30)が「私も…」と、り患した経験があることを告白すると、設楽は「誰でもなりうるってことですよね」と注意を呼びかけた。

[ 2017年5月10日 17:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル