PR:

底力発揮中「めちゃイケ」 視聴者満足度が好転傾向に

 昨年10月で放送開始20周年、先月3月には放送700回の節目を迎えたフジテレビの代表的バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(毎週土曜午後7時57分)。最近では視聴率の低下などから番組のこれからも取り沙汰されているが、今年に入って視聴者満足度という点では好転の傾向にある。

 データニュース社(東京)が行なっているテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(調査対象2400人)によると、昨年の「めちゃイケ」年間平均満足度は3・04(5段階評価、高満足度の基準は3・7以上)と、プライムタイムで放送されているバラエティー番組の中では最も低い数値で、高視聴率番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ、毎週日曜午後7時58分)の平均3・78と、その差は歴然としている。

 理由の1つとして、番組ファンの評価が厳しいことが挙げられる。番組に寄せられた視聴者の感想を見ると「最近面白い企画をやらないのでガッカリ」(32歳男性)、「大好きだったのに最近は楽しくない」(54歳女性)。根強いファンが多い番組だからこそ、勢いがあった過去との比較をされると、なかなか及第点をもらえないようだ。

 しかし、潮目は変わり始めている。今年最初の放送だった1月7日のスペシャルで、SMAP解散直後の中居正広がサプライズで登場した回は「めちゃイケの中居くんに対する愛が伝わってきた」(29歳女性)と、事前告知せずに驚きのゲスト登場という演出が視聴者に受け入れられ、満足度も3・64まで回復。2016年の最高だった3・44(7月30日放送、山本圭壱が登場した回)を上回る数値を記録し、4月8日のスペシャルでも3・62。今年1月からの平均は3・32と昨年から0・28ポイント上昇。「新しいテーマに挑戦していて面白かった」(32歳男性)と、視聴者も変化の兆しを感じ取っている。

 俳優の綾野剛も参戦した「渋谷ナンパ駅伝」(1月21日放送)や、スポーツ選手を芸人に置き換えたパロディ「お笑い芸人戦力外通告」(2月4日)、めちゃイケ流に被災地に元気を届けた「南三陸PV撮影」(3月11日)など、最近は特にめちゃイケの色を出した企画が多く、それがジワジワと浸透している雰囲気がある。長寿番組の底力、今後も発揮されそうだ。

[ 2017年4月27日 18:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月25日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル