PR:

19年NHK大河 中村勘九郎&阿部サダヲW主演 近現代史は33年ぶり

大河ドラマ「いだてん」発表会見で笑顔の(左から)中村勘九郎、阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎氏
Photo By スポニチ

 NHKは3日、2019年大河ドラマ(第58作)の主演とタイトルを発表した。歌舞伎俳優の中村勘九郎(35)と俳優の阿部サダヲ(46)が主演。中村が前半の中心、阿部が後半の中心となり、物語をリレーする。題名は「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。

 勘九郎は「日本のマラソンの父」と称され、1912年ストックホルム大会に日本人として五輪初参加した金栗四三(かなくり・しそう)を、阿部は水泳の前畑秀子らを生んだ名伯楽で64年東京大会招致の立役者となった新聞記者・田畑政治(たばた・まさじ)を演じる。

 同局の連続テレビ小説「あまちゃん」(13年前期)をヒットに導いた人気劇作家の宮藤官九郎(46)が大河ドラマの脚本を初担当。20年の東京五輪を控え「日本と五輪」をテーマとするオリジナル作品で、日本が五輪に初参加したストックホルム大会の1912年から東京大会の64年までの52年間を描く。

 制作統括の訓覇圭氏が宮藤に「大河ドラマで、オリンピックってありますか?」と持ちかけたのは2年半前。「不安な日は、2人(金栗と田畑)のことを想像すると元気になる。現場が始まると、きっと勘九郎さんの笑顔と阿部さんの熱量に救われることだろう」とコメント。さらに「オリンピックは、未知なるものへの挑戦の歴史でもある。宮藤さんと勘九郎さんと阿部さんで、どんな大河ドラマができるのか?ワクワク感が半端ない」と期待を込めた。

 昨年11月の企画発表時点で、物語の主人公は未定だったが、実在の人物、しかも2人になった。大河ドラマの複数主人公は2000年の「葵 徳川三代」以来19年ぶり。大河ドラマにおいて、近現代史が描かれるのは1986年の「いのち」(三田佳子主演)以来33年ぶりとなる。

[ 2017年4月3日 16:03 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:04月27日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル