PR:

松岡修造の長女が宝塚合格 “華麗なる一族”初挑戦で難関突破

宝塚音楽学校に合格し本科生から祝福される松岡修造氏の長女・恵さん
Photo By スポニチ

 未来のタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校の合格発表が30日、兵庫県宝塚市の同校で行われ、元テニスプレーヤーでタレントの松岡修造(49)の長女・恵さん(17)ら40人が合格した。

 海外からの受験生も含め、26・1倍もの難関を初めての挑戦で突破した恵さんは身長1メートル69のスラリとしたスタイル。星組トップスター紅ゆずるにも似た涼しげな目元が印象的で、すでに“男役スタイル”のビシッと決めたショートカット。

 母親でテレビ東京元アナウンサーの恵美子さんとともに、合格を確認した恵さんは早速、制服などの採寸を行い「見てくださる方々に少しでも、すがすがしい思いをしていただけるような男役さんになりたい」と目を輝かせた。

 松岡もこの日午後「沢山(たくさん)の人たちに感謝!」というタイトルでブログを更新。「父親として心から嬉(うれ)しく思います」と喜び「『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に日々邁進(まいしん)してほしいと願っています」とエールを送った。「父親としての一番の願いは、健康に、そして僕のように周りの人たちに迷惑をかけないで、感謝の思いを大切に自分の道を歩んでほしい」と結んだ先には母が元タカラジェンヌであることから「宝塚の血が流れる 父」とあった。

 恵さんの親族は言わずと知れた“華麗なる一族”だ。宝塚の創始者・小林一三氏を高祖父に持ち、祖父は東宝名誉会長の松岡功氏(82)。祖母は元宝塚男役でその姉も妹も宝塚で活躍した。

 恵さんによると、中学3年の時に見た遠縁に当たる元花組トップスター蘭寿とむ(41)のお披露目公演「ファントム」を見て感激し、わずか1年のバレエレッスンで夢をつかんだ。松岡からは「中途半端な気持ちではなく本気でやって。結果はどうあれ自分の人生だから」と励まされたそうで「父は“熱く”見守ってくれています」と、熱血漢らしい父の言葉を使いながら感謝した。この日の合格者40人は105期生として2年間、バレエ、声楽などの厳しいレッスンに励む。

 ◇親族が著名人の主なタカラジェンヌ◇

 ☆大浦みずきさん(60期、故人)父は作家の阪田寛夫氏(故人)

 ☆汐風幸(74期、現・片岡サチ)父は歌舞伎俳優の片岡仁左衛門

 ☆双葉美樹(77期)祖父は元横綱の双葉山(故人)

 ☆愛耀子(79期)父は作家の野坂昭如氏(故人)

 ☆舞坂ゆき子(82期)父は歌手の坂本九氏(故人)

 ☆愛原実花(90期)父は劇作家つかこうへい氏(故人)

 ☆芹香斗亜(93期)父は元阪急・阪神投手の山沖之彦氏

 ☆麻央侑希(94期)祖父は元西武などの監督・広岡達朗氏

 ☆風間柚乃(100期)父はプロゴルファーの小達敏昭、伯母は女優の夏目雅子さん(故人)

[ 2017年3月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月21日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル