PR:

国山ハセンアナに後輩・山本恵里伽アナ「しっかりやって」

「Nスタ」キャスターを務めるTBSの国山ハセンアナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの国山ハセンアナウンサー(26)が4月3日からリニューアルする夕方の報道番組「Nスタ」(月〜金曜後3・50)で旋風を巻き起こす。26日に東京・赤坂の同局で行われた番組の記者会見にメインキャスターに就任する同局の井上貴博アナウンサー(32)、ともに新キャスターとなるタレントのホラン千秋(28)らと出席した。

 国山アナは「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)などで進行を務めており、あまり“報道”というイメージははない。国山アナは「担当することになって、大変プレッシャーも感じていますが、非常にワクワクしております。求められていることはアグレッシブにどんなことにもチャレンジする姿勢だと思っています。一丸となって勝つということを目標に頑張っていきます」と“ポジティブ”全開で大役に挑む。

 井上アナは国山アナについて「不安とかプレッシャーが大きくなっていく中で、ハセンくんに“大丈夫かな?”と話すと、“先輩、大丈夫っすよ!”って言ってくれる。自分が落ち込んだ時にハセンどう?って声掛けられる、そんな後輩です」。そんな井上アナとは井上アナがメインを務めていた「朝ズバッ!」でも共演。「私の1年目の時に『朝ズバッ!』のメインキャスターを務めていて、そのスキルとかスペックの高さに驚愕した覚えがあります。同じ番組で共演できることを嬉しく思っています。とても尊敬しています」と力を込めるも、あまりの熱さに、井上アナも思わず、「ちょっとウソっぽい…話半分で聞く」と照れ笑いを浮かべた。

 ホランとは「アッコにおまかせ!」などで共演経験がある。ホランについて「美しさと強さはさることながら、番組で共演した際にどんなことを振られても的確に返しますし、ユーモアもあふれている。ここまでマルチに活躍する女性がいるのかと驚愕しております」と褒めちぎりつつも、「あと、食べるのが早いなと。出されたものをすぐ食べる。その辺りは、いい意味でがさつな部分もあるのかなと」とニヤリ。この言葉にホランが「やめてください、ガサツさは出さないようにしているんです」と慌てると、国山は「2人のことをうまくイジって、良さを引き出せたらなと思う」と胸を張った。

 そんな国山に、会見の司会を務め、「Nスタ」にもニュースプレゼンターとして出演する山本恵里伽アナウンサー(23)が「報道番組ですからね、しっかりやっていきましょう」とピシャリ。後輩アナからのまさかのきついに、国山アナも苦笑いするばかりだった。

[ 2017年3月27日 07:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル