PR:

井上貴博アナ「Nスタ」新キャスター メガネを外した理由

「Nスタ」キャスターを務める(左から)国山ハセンアナウンサー、井上貴博アナウンサー、ホラン千秋
Photo By スポニチ

 4月3日からTBS系の夕方の報道番組「Nスタ」(月〜金曜後3・50)のキャスター陣が一新。メインキャスターを務める同局の井上貴博アナウンサー(32)をはじめ、新キャスターとなるタレントのホラン千秋(28)、同局の国山ハセンアナウンサー(26)らが26日、東京・赤坂の同局で行われた会見にそろって出席した。

 井上アナは「何が起きてもどういう状況でもテレビの前にいる視聴者にしっかり向き合って、言葉を発することは自分が戦える部分。そこは愚直に向き合っていきたい」と前を向き、「肩肘張らずに等身大でぶつかろうと思う。入社11年目で未熟なキャスターで、経験も浅いです。チームとしてぶつかり合って切磋琢磨していいものを作り上げていきたい」と意気込みを語った。

 出演中の「白熱ライブビビット」(月〜金曜前8・00)では黒縁メガネがトレードマークとなっているが、「Nスタ」ではメガネを外す。会見でも素顔で登壇すると、ホランから「メガネがない!」とツッコミ。これには「私自身、メガネを外して、コンタクトを付けている顔が違和感でしかないんですけど…」と苦笑。「(メガネを外すことは)結構悩みまして、さまざまな人に相談させてもらって最終的には、自分で決断した」とし、「1つはメガネを取って、ゼロから『Nスタ』でスタートするんだ!ということ。あとは、今までの仕事のスタイルややり方を引き継ぐ部分と、壊して変化していく部分がないと、成長できないというのは常々思っていて、2年間、メガネにお世話になりましたし、ちょっとここで変化、崩さないとダメかなと思って決断しました」とその理由を明かした。

 メガネを外した井上アナについてホランは「すっきりされたなと。爽やかで素敵」と笑顔。国山アナも「私は絶対にメガネないほうがいいと思います。メガネを外してくれて嬉しい。井上さんのこの端正な顔立ちがより光ると思う」と力説した。そんな井上アナのメガネ姿もひとまず、「―ビビット」への最後の出演となる31日で見納めとなるが、「真矢(ミキ)さんと(国分)太一さんからはいまだに何で取るの?とずっと言われています」と照れ笑いを浮かべた。

[ 2017年3月27日 07:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月20日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル