PR:

歌丸 引退検討…古舘に告白「お客さまに失礼なんじゃないか」

テレビ朝日「古舘伊知郎ショー」で対談した桂歌丸(左)と古舘伊知郎(右) 
Photo By スポニチ

 落語家の桂歌丸(80)が引退を検討していることが分かった。テレビ朝日の特別番組「古舘伊知郎ショー」(18日後8・58)で、フリーアナウンサーの古舘伊知郎(62)と対談し「(落語家を)やめようか迷っている」と告白した。今年1月に肺炎で入退院した後、鼻に酸素吸入器の管をつけて高座に上がっているが「お客さまに失礼なのでは」と悩んでいるという。

 「古舘伊知郎ショー」の歌丸と古舘の対談は今月12日、横浜市の関内ホールの楽屋で行われた。2人が対談するのは今回が初めて。収録現場に緊張感が漂う中、歌丸は神妙な面持ちで「正直、悩んでいる。お客さまに失礼なんじゃないか。みっともないんじゃないか。病気のせいばかりじゃないが、話を覚えられなくなった」と引退を検討していることを打ち明けた。

 この日も鼻には酸素吸入器の管。肺炎を患った後、息を吸うのが困難な状態が続き、体力の消耗を防ぐため移動に車いすを使用している。

 告白に驚く古舘に歌丸は「お話ししたのは古舘さんとかみさんだけ。かみさんに“勇退しようと思う”と言ったら“お父さんの思う通りにしてください。でも、落語をやめちゃうとつまらないんじゃない!?”と言われた」と明かした。

 古舘が「歌丸さんは“全身はなし家”だから、落語はやめられないのでは?」と問うと、歌丸は「そうかもしれない。もうちょっと考えさせてください」と、さらに検討を重ねる考えを示した。その後、歌丸が「今年、81歳になる。やめようか迷っているうちに、あの世に行くかも」と冗談を飛ばす場面もあった。

 対談終了後、歌丸はホールのステージに上がり、約45分にわたって落語「竹の水仙」を披露。その声は大きく張りがあり、時折、トランプ米大統領や森友学園などの時事ネタも交えるなどして多くの笑いを生んだ。

 客席で見守った古舘は「2階席の後ろまで届く大きな声が出ていた。歌丸さんの芸には“完成した器”のイメージがある」と称賛。対談で引退検討を告白されたことについては「はなし家ではなく一人の人間としては、やはり体がつらいから“勇退しようか…”と迷うのだと思う。でも、あの“竹の水仙”を聞いたら、最後までやる覚悟が決まっているような気もした」と現役続行を願った。

【桂歌丸の最近】

▼6・14 体調不良のため入院

▼7・11 退院

▼8・8 日本テレビ「笑点」(収録)に復帰

▼4・30「笑点」降板を発表

▼5・22 「笑点」(生放送)に最後の出演

▼5・31 文部科学大臣表彰の表彰式出席

▼7・27 腸閉塞(へいそく)のため入院していることを発表

▼8・5 退院

▼8・11 東京・国立演芸場で高座復帰

▼12・14 軽度の肺炎のため入院

▼12・21 退院

▼12・22 群馬県での落語会で復帰

▼1・2 肺炎のため入院

▼1・18 退院

▼1・21 神奈川県の落語会で復帰

[ 2017年3月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ