PR:

草なぎ剛主演「嘘の戦争」WBC裏でも有終11・6%!全話2桁キープ

「嘘の戦争」(C)カンテレ
Photo By 提供写真

 昨年大みそかをもって解散した「SMAP」の草なぎ剛(42)が主演を務めるフジテレビ「嘘の戦争」(火曜後9・00)の最終回(第10話)が14日に15分拡大で放送され、平均視聴率は11・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。

 第1話=11・8%、第2話=12・0%と堅調な滑り出し。その後も第3話=11・3%、第4話11・1%、第5週=11・5%、第6話=10・3%、第7話=10・9%、第8話=11・5%と推移。前週の第9話では、同時間帯で侍ジャパンのWBC初陣「日本―キューバ」(TBS系)が生中継される中で10・5%、今回も2次ラウンドの同カード(同)が裏番組にありながら11・6%をマーク。一度も2桁を割らずに安定した数字を残してゴールした。

 2015年1月クールに放送され、好評を博した「銭の戦争」に続く“復讐シリーズ”第2弾。脚本・後藤法子氏、演出・三宅喜重氏をはじめ、「銭の戦争」のスタッフが再び集まった。

 草なぎは30年前に一家無理心中に見せかけて家族を殺害され、天才詐欺師となって復讐の鬼と化す男を熱演。詐欺師ならではの手法を使ったスリリングな復讐劇をシリアスに、ユーモラスに描いた。

 最終回は、浩一(草なぎ)は、二科(市村正親)から返り討ちに遭い、隆(藤木直人)に寝返った百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)に、二科が30年前の事件の罪を告白した録音テープのデータを削除され、絶体絶命のピンチに陥った。一転して浩一は、30年前の女性会社員殺人事件を隠蔽(いんぺい)した「新たな証拠と証人が見つかった」と隆に電話をする。「だまされたら、だまし返す。詐欺師は詐欺師らしいやり方で、30年前を終わらせる」と話す浩一を、ハルカ(水原希子)と守(大杉漣)は心配する…という展開だった。

[ 2017年3月15日 09:34 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ