PR:

キムタク主演「A LIFE」第7話は14・5% 好調キープ

「A LIFE〜愛しき人〜」(C)TBS
Photo By 提供写真

 昨年大みそかをもって解散したSMAPの木村拓哉(44)が主演を務めるTBS日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」(日曜後9・00)の第7話が26日に放送され、平均視聴率は14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。前週から0・8ポイント微減したものの、好調をキープ。1月スタートの民放連続ドラマ12作品(ゴールデンタイム=午後7〜10時、プライムタイム=午後7〜11時)のうち、トップを快走している。

 第1話=14・2%、第2話=14・7%、第3話=13・9%、第4話=12・3%と推移。第3話、第4話と連続ダウンしたが、第5話=13・9%、第6話=15・3%とV字回復。1月スタートの民放連続ドラマ12作品(GP帯)のうち、初の15%超えを果たした。

 グループ解散後、木村の初仕事となる主演作。連続ドラマ主演は、昨年4月クールのテレビ朝日「アイムホーム」以来、1年半ぶり。TBS日曜劇場となると、13年10月クール「安堂ロイド〜A.I.knows LOVE?〜」以来3年ぶり。過去にさまざまな職業の主人公を演じてきたが、心臓血管と小児外科が専門の職人外科医に初挑戦。今回の外科医役が20個目の職業になる。

 脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリー。演出は「ROOKIES」「JIN―仁―」「天皇の料理番」などの平川雄一朗氏ら。

 第7話は、進む病状に不安が募る深冬(竹内結子)は、腫瘍完治のオペ方法を見つけられない沖田(木村拓哉)にある提案をする。それはリスクが大きく、沖田には到底受け入れられないものだった。しかし、生きるためにはそれしかないと決意が固い深冬は壮大(浅野忠信)にも同意を求める。 その折、小児科を訪れた14歳の少女に、沖田は乳がんの疑いを抱く。ところが、乳腺科の医師・児島(財前直見)に「14歳で乳がんの前例はない」と言い切られる…という展開だった。

[ 2017年2月27日 09:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ