PR:

たむけん 芸能界労働組合の委員長に?松ちゃんから指名「お前がやれ」

たむらけんじ(左)と「NSC大ライブ2017」で優勝したNSC大阪校39期生・山ノ内亮太さん
Photo By スポニチ

 NSC(吉本総合芸能学院)大阪校の卒業ライブ「NSC大ライブ」が20日、大阪・天王寺の「大阪国際交流センター」で開かれた。

 決勝MCを務めたピン芸人のたむらけんじ(43)は、前日19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)の番組内で「芸能界に労働組合のような組織が必要」と訴えたことについて「松本さんから最近、飲んでる席で確かに『お前が(組合委員長を)やれ』と言われた。そういう考えもあるんやなと思った」と明かした。松本には「待ってください。やったら芸能界で生きていけなくなるかも」と答え「副業で足下が固まったら皆さんのために死ぬ思いで作ろうと思います、と言った。今はまだまだ副業だけではあきませんが。組合を作ったら、足下が固まったと思ってください。今年が勝負。できれば2、3年で、行ったろかと思ってます」と芸能界初の労働組合構想に乗り気なところを見せた。芸能界労働組合構想をぶち上げたダウンタウンはハイヒール、トミーズとともに同学院の1期生。4期生・今田耕司(50)ら卒業生の多くが芸能界の一線で活躍している。

 「NSC大ライブ」は3月に卒業する同学院の大阪校、東京校の生徒がネタを披露。この日は大阪39期生113組がネタを披露するバトル。8組15人で決勝トーナメントし、ピン芸人の山ノ内亮太(21)がパネルを使ったツッコミ芸で優勝した。山ノ内は和歌山県御坊市出身。優勝のご褒美としてダウンタウンがMCを務める「よしもとゴールデンアワー」(3月5日、なんばグランド花月)への出演権を獲得した。「まさか優勝するとは。好きな声優の佐倉綾音さんと結婚したいんでお笑いの世界に入った」という変わり種。「芸能界では天津の向井さんみたいになりたい」と笑わせた。たむらは「彼はセンスの塊。そこを磨けば。バカリズムみたいな感じ」と太鼓判。さらに「ネタもたくさん持ってそうだから、いらないネタをくれんかな。仲良くしておこう」と笑いをとった。

[ 2017年2月20日 22:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ