PR:

カレーうどん大盛り完食後に…船村徹さん急死 妻「夫では最低 作曲家では最高」

ペンダントを見つめ質問に答える、亡くなった船村徹さんの妻佳子さん
Photo By スポニチ

 心不全のため16日に亡くなった作曲家、船村徹さん(享年84)の妻で所属事務所社長の福田佳子さん(78)が17日、神奈川県藤沢市の自宅前で取材に応じた。急死だったといい「びっくりしました。まだピンときていなくて涙も出ません」と話し、午後0時35分に亡くなるまでの状況を説明した。

 前夜は好物のカレーうどんを大盛りで完食し、16日は午前9時半ごろまでは元気だった。しかし、同11時ごろに、作曲家で編曲家の長男、蔦将包(つた・まさかね)氏(54)の妻さゆりさんが部屋に様子を見に行くと、船村さんが床に座ってベッドに顔を伏せていたたため「様子がおかしい」と119番。この時すでに心肺が停止していたとみられ、搬送中に救急隊員が心肺蘇生を試みたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 鳥羽一郎(64)ら内弟子5人が訃報に接して自宅に集まった。しかし、検死のため遺体は同日中に戻らず、この日正午ごろ帰宅した。

 元歌手の佳子夫人は「夫としてはわがままで最低でした。でも作曲家としては最高で尊敬していました」としんみり。夫婦の思い出を聞かれると「一緒になったばかりの時に水餃子を作ってくれました。“これから週1回作ってやるよ”って言ったのに、この時が最後でした」と笑いながら振り返った。

[ 2017年2月17日 17:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月24日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ